アメリカのトラベル系サイト 注目されるサイトの特徴は?

現在はアメリカや日本をはじめとして、世界中の多くの人々が海外旅行を楽しむ時代。

そのため、旅行プランを立てたり手配を行うトラベル系サイトは年々増えています。

かつては旅行会社などに依頼をして行なっていた旅行の手配が、今や自分ひとりでできるようになったのには、これらトラベル系サイトの充実が大きく寄与しています。
ここでは、特に人気の高いアメリカのトラベル系サイトをご紹介していきましょう。

 

日本でも知名度の高いトラベル系サイトはこちら

01. TripAdvisor

トリップアドバイザー|https://www.tripadvisor.com/
TripAdvisorはその名の通り「旅行のアドバイザー」となり得る有名なトラベル系サイトです。

ほかの多くの大手サイトと同じように、フライトやホテル、アクティビティやツアーなどを簡単に手配することができますが、それだけではありません。

実際に旅行をしたユーザーが世界中の観光名所やレストランなどのスポットについて、写真つきのレビューを投稿することができ、旅行のプランを立てる際にそれらを参考にできる仕組みになっています。

サイトの運営側による情報提供に留まることなく、ユーザー投稿によるコラボレーションを取り込むことで、いつ訪れても新鮮で利用者目線の情報に満ちた魅力的なサイトになっています。

 

02. Expedia

エクスペディア|https://www.expedia.com/
Expediaは日本でも積極的に展開をしている、グローバルなトラベル系サイトです。

取り扱っている商品も航空券から宿泊先、クルーズや滞在先でのレンタカー、さまざまなアクティビティなど、まさに旅行のすべてを手配できると言ってもいいでしょう。
それぞれのサービスを提供している会社に手配をするとなると、どうしても手間がかかってしまいますが、ひとつのプラットフォームからすべて予約ができるためとても効率的。

しかもディスカウント価格での提供も数多く、コスト面でもメリットを享受できます。

手配した内容は「マイ・トリップ」にすべて記録され、旅程表としての利用も可能。

ポイントを貯めて次の旅行で利用できるサービスも人気です。

 

03. KAYAK

カヤック|https://www.kayak.com/
KAYAKは日本ではまだそれほど馴染みがないかもしれませんが、アメリカでは人気を集めてきているトラベル系サイトのひとつです。

レンタカーやホテル、フライトに加えて滞在中のアクティビティやツアー商品などを取り扱い、ビジネスでもプライベートでも自由に利用できます。

航空運賃は格安になるほど日々変動するものですが、あらかじめ目的地を登録しておくと、毎日その日の運賃をメールで知らせてくれるサービスも。

大幅なディスカウントがされるともちろんすぐに知らせてくれます。

コスト面も重視したいと考えている方に人気のサイトです。

 

04. Booking.com

ブッキング・ドット・コム|https://www.booking.com/
世界中でよく知られているトラベル系サイトと言えば、Booking.comをあげるひとが多いのではないでしょうか。

全世界の225もの国と地域をカバーし、提供している宿泊先はなんと100万を超えるという、スケールの大きなサイトです。

これだけ数多くの情報を備えていますので、たいていの要望は叶えることができると言ってもいいかもしれません。

手配できる商品はフライトからレンタカー、ホテルなど幅広く、しかもレストランはOpenTableへリンクされているのですぐに予約を入れることも可能。

まさに至れり尽くせりのサービスが提供されています。

 

ほかにもこんなに 注目のトラベル系サイト

05. Hotels.com

ホテルズ・ドット・コム|https://www.hotels.com/
日本でもCMを放映していることで知名度の高いHotels.comは、名前の通りホテル予約に特化したトラベル系サイトです。

ほかのトラベル系サイトがフライトやレンタカーなど幅広く商品提供を行なっているのに対し、提供する商品をホテルに限定して仕入れを行うことで、市場価格から最大で50%のディスカウントとすることが可能になっています。

しかも、ここを通じて10泊分の予約をすることで1泊分がフリーで提供されるサービス(「リワード・プログラム」)は大人気で、ホテルだけはここで予約を
するというユーザーが少なくありません。

 

06. Priceline.com

プライスライン・ドット・コム|https://www.priceline.com/
Pricelineという名前が示すように、旅行のプライス(料金)に大いに注目してデザインされたトラベル系サイトです。

例えば、ホテル名を指定できない代わりに最大6割引で部屋を予約できる「エクスプレス・ディール」というサービスや、希望の金額を定時してレンタカー業者とネゴのできるサービスなど、ユニークかつ経済的なサービスを提供しています。

「何はともあれコスト重視で」と考えているユーザーにはまさにぴったりのトラベル系サイトのひとつです。

 

07. ORBITZ.com

オービッツ・ドット・コム|https://www.orbitz.com/

ORBITZを利用するひとの多くは、コスト感を重要視して旅程を立てる傾向にあります。

提供されるサービスはフライトやホテルの予約、クルーズやレンタカーの手配、そして滞在中のツアーなどバラエティに富んでおり、しかもリーズナブルな商品の検索に長けています。

デザインもすっきりとしていてユーザビリティが高く、数クリックで旅行のブッキングが完了するので、ビジネスマンなどを中心に人気があります。
また、ポイント制度も導入されており、リピーターにはうれしいサービスです。

 

08. Travelocity

トラベロシティ|https://www.travelocity.com/
Travelocityをのぞいてみると、「どこかで見たことのあるトラベル系サイトだな」と思うひとがいるかもしれません。

それもそのはず、このサイトは大手サイトであるExpediaによって運営されているのです。

しかも、取り扱っているジャンルとしてはフライト予約に始まり、ホテルやレンタカー、滞在中のアクティビティなど、大きな違いはありません。

しかしこれら2つのサイトの運営方針にはまったく異なり、Expediaがコスト重視でリーズナブルな旅行の提供であるのに対し、Travelocityは「こだわりのある」「ロマンティックで」「ラグジュアリー」な旅行を提案するなど、ユニークな観点から情報を提供しています。

 

09. Skyscanner

スカイスキャナー|https://www.skyscanner.com/
旅行プランを立てるときに一番気にすることのひとつは、どれだけコストをセーブできるかということではないでしょうか。

その点、Skyscannerは最安値を目指したいと考えるひとにはおすすめのトラベル系サイトです。

多くの有名サイトと同じように、フライト、ホテル、そしてレンタカーなどの各種手配を行うことができるのはもちろんですが、コストを抑えたルート検索などの機能を追求。

乗り換えのあるフライトの手配をする場合、どうしたらもっともリーズナブルになるのかわかりづらいものですが、Skyscannerを利用すれば思わぬ掘り出しルートに出会えます。

 

10. Hotwire

ホットワイヤ|https://www.hotwire.com/
Hotwireの特徴は、シンプルに徹したサイト構成にあります。

トラベル系サイトの多くは、できる限り多くの情報を掲載することでユーザー数の獲得を狙う戦略を採用していますが、こちらは逆に情報を厳選して提供する方針をとっています。

多すぎる情報はかえってユーザーの決定を送らせてしまう恐れがあるからで、興味に従って情報をフィルタリングしていく検索方法を採用し、必要な情報により簡単にアクセスできるようなサイト作りを心がけています。

もちろん、フライトだけでなくホテルやレンタカーの予約もできますし、Hotels.comやExpediaなどの大手トラベル系サイトとも提携しているため、リーズナブルな手配も得意です。

 

まとめ

ご紹介したように、アメリカのトラベル系サイトの特徴は、飛行機やレンタカー、ホテルなど、旅行を構成する移動手段や滞在先をまとめて手配できることにあります。

加えて、一括手配をすることによるコスト面でのメリットを提供することは各サイトのサービス戦略となっており、その競争も激しさを増しています。

今後も進化を続けていくトラベル系サイトは要注目と言えるでしょう。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

村上 崇
村上 崇
村上 崇(むらかみ たかし) 株式会社カーツメディアワークス 代表取締役/CEO

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。
報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。
その後、PRコンサルティングファームにて東証一部上場企業、グローバル企業などのブランディング及びクロスメディア戦略コンサルティングを手がけ独立。
コンテンツマーケティングおよび戦略PRを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。