中国検索エンジン事情 – 最新版!

皆さん、こんにちは。今月から中国の検索エンジン事情の連載を担当するチョウと申します。よろしくおねがいします。早速ですが先ずは簡単な自己紹介をさせてください。私は1991年に中国東北に生まれ、大学時代に日本語を第二言語として専攻し、更に大学二年生の時に、日本にきて、一年間交換留学生として勉強させて頂きました。趣味は舞台鑑賞、推理小説・・・・・、なんか、このまま延々と書き続けてしまいそうなのでこの辺で本題に入りましょうか。

まず、一回目は最新版の中国検索エンジン市場について紹介したいと思います。
現在中国では下記のグラフの様に、2017年6月時点で、中国検索エンジンユーザー数は6.09億人、2016年と比べ1.2%増で、707万人増加となり、その中でモバイルユーザー数は5.93億人と8割を超えており、2016年と比べると3.1%の増加で、1760万人の増加となりました。

やはり、中国国内でもスマートフォンやソーシャルメディアの発達がめざましく、モバイルユーザーの割合がどんどん増えております。

40次《中国互络发展状况统计报》(第40回<中国インターネット発展状況統計報告書>)より抜粋

中国インターネット市場

また、中国インターネット市場では下記の様な傾向も見られます。

文字入力検索より、音声、写真等の検索方式が増加

→AI技術を応用したアルゴリズムが発達し、ユーザーの属性を考慮した検索結果を表示させるなど、従来のユーザーの物理行動の代わりをするようになりつつあります。

WeChatやWeibo等のソーシャルメディアにおける検索機能の登場

→モバイル市場の競争が更に激しくなる傾向にあります。

キーワードターゲティングだけではなく、趣味、デモグラフィック等のターゲティングができるネイティブ広告のプラットフォームの急増

→検索広告の魅力が弱くなってきております。

中国の検索エンジン

ところで皆さん、中国国内の「検索エンジン」って何があるか知っていますか?
日本だとGoogle、Yahoo! Japanが使われているのですが、中国になるとやはり事情は違ってきます。

Great fire Wallという中国政府による海外ネットワークへのアクセス制限のため、Google等の利用が非常に難しい状況もあり(例外的にVPNというIP変更ツールを使うことでアクセスは可能ですが非常に不安定です。またコストが高いことも影響し、ユーザーはまだまだ少ないようです。更に最近は、中国政府によるVPNに関する使用が日々厳しくなっているという背景もあります。)、結果として中国ローカルの検索エンジンが多数生まれてきました。検索エンジン各社の利用シェアは以下の通りです。

2017年全域互

ご覧の通り、Googleのシェアが非常に小さく(※実質、中国市場からは排除されております。)、主に三つの中国ローカルの検索エンジンがシェアの大部分を占めております。
では、ここから一つずつご紹介していきたいと思います。

百度

まずは1位のご紹介。「百度」(バイドゥ)と読みます。2001年に検索事業をスタートし、現在も90%超えのシェアを獲得しております。現在、WEBブラウザだけではなく、アプリケーションでの検索も国内トップシェアを占めております。他にも、最近話題である自動運転等さまざまなテクノロジー分野へと進出しており、アリババ、テンセントと併せて、中国三大インターネット企業と呼ばれています。

360搜索

次に2番目の「360搜索」(360検索)は、もともとネットワークのウイルス対策のソフトウェア開発をメインとした会社でしたが、2012年に検索エンジンサービスをスタートし、現在シェア第2位まで登ってきております。
https://www.so.com/

搜狗搜索

最後は「搜狗搜索」(Sogou検索)という会社はもともと、デスクトップとモバイルの入力方式ソフトウェアの開発を主な事業としてスタートした会社なのですが、結果、多くのユーザーを獲得でき、現在では検索エンジン事業にもかなり力入れております。2017年10月にはニューヨークで上場も果たしました。
https://www.sogou.com/

今日はここまでざっと紹介しましたが、皆さん、いかがでしたでしょうか?
中国の最新の検索エンジン事情に関して多少でもご理解を深めて頂けましたでしょうか?
これからの連載も「百度」を例に、中国国内の検索広告など様々なサービスを紹介したいと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。

それでは、また次回お会いしましょう!

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

チョウ シンギョウ
チョウ シンギョウ
株式会社インフォキュービック・ジャパン Digital Marketing Team Consultant        
1991年に中国に生まれ。大学2年生に埼玉大学にて一年間交換留学。大学卒業後、大阪大手メーカーにて家電製品の機械設計業務に携わる。グローバルマーケティングに興味を持ち、株式会社インフォキュービックジャパンに入社。EC、製造業、観光業等、様々な大手クライアントを担当。現在はDigital Marketing Team Consultantとして多くの企業様の中国販促を支援している。趣味は舞台鑑賞。