イギリスのニュース系サイト よく利用されているサイトの特徴は?

ニュース系サイトと聞いてよく名前が挙げられるのは、USA TODAYやFox Newsなど、おもにアメリカ系のサイトが多いかもしれません。同じ英語圏の大国として知られるイギリスでは、どのようなニュース系サイトが人気を集めているのでしょうか。

ここでは、イギリス生まれのニュース系サイトに限定して、特に人気のある10のサイトをご紹介します。

世界的に知られるサイトが上位に イギリスのニュース系サイト

01. BBC News | UK

ビービーシー・ニュース・ユーケー|http://www.bbc.com/news/uk

BBCを知らない人はいないと言ってもいいほど、イギリスを代表する世界的なニュース系サイトです。歴史の古さだけでなく世界展開するその規模も驚きで、拠点の数は世界中で50箇所、経験豊富な特派員250人によって毎日ホットなニュースが配信されています。オンラインだけでなくテレビやラジオなど多方面での展開となっており、1日あたりののべ放送時間はなんと120時間。まさにグローバルなニュース系サイトです。英国王室からの後ろ盾があるため英国議会や政府などからの影響を受けにくく、バイアスのない視点の提供に努めているとして世界的に高い信頼を獲得しています。

02. The Guardian | UK

ザ・ガーディアン・ユーケー|https://www.theguardian.com/uk

イギリスの全国紙と言えば、やはり「ガーディアン」と「オブザーバー」の2紙は外せません。これら2紙を運営しているガーディアン・メディア・グループがオンラインで展開しているニュース系サイトがThe Guardianです。国際政治からビジネス、環境問題や科学技術、スポーツ、アート関連など過不足のないジャンルをカバーしつつ、ウェブ版ならではのメリットとして24時間体制で速報をいち早く配信。ユーザーにつねに開かれた掲示板やウェブログの開設などユーザビリティの向上にも配慮をした、とてもバランスの良い運営が行われています。

03. Daily Mail UK

デイリー・メール・ユーケー|http://www.dailymail.co.uk/

イギリスに数ある新聞のなかでも知名度の高い「Daily Mail」と「Mail on Sunday」をベースに展開しているニュース系サイトです。これら2紙は同じ運営グループに属しており、それぞれの”いいとこ取り”のかたちでコンテンツを提供できており、2003年にスタートしてから瞬く間に人気のニュース系サイトのひとつに数えられるまでになりました。英語圏のサイトはイギリスだけでなくアメリカにも数多くありますが、それらのなかでも特に購読者数の多いニュース系サイトとも言われているほど。ニュースの品揃えはバランスに優れ、しかも毎日トータル700記事を超えるボリュームでグローバル配信されています。

04. The Telegraph

テレグラフ|http://www.telegraph.co.uk/

その名を耳にされたことのある方も多いであろうイギリスを代表する全国紙、「The Daily Telegraph」をオンラインに展開したニュース系サイトです。クオリティ・ペーパーとして有名な新聞をベースに、正確でフレッシュなニュースを網羅し、オンラインならではの速報や特集コンテンツ、ブログやフォト・ギャラリーなどのガジェット系コンテンツで増強。ユーザー目線でのサイト作りを積極的に展開しており、2007年には「マイ・テレグラフ」という機能を追加し、ユーザーごとに注目する記事を保存できるだけでなく、ブログを作れたり、ほかのユーザーとのネットワークを構築したりするサービスをスタートしています。

タブロイド紙の運営するサイトもランクイン

05. The Independent

インディペンデント|http://www.independent.co.uk/

オンラインであることの特性を最大限に活用し、ビジュアル面の充実を優先させているニュース系サイトです。2008年にオンラインの分野に参入をした新参者ではありますが、そのわかりやすいコンテンツ展開にあっという間に人気となりました。提供されるコンテンツも政治や経済などの”硬派”なものから、最新のガジェットやファッションの情報、建築や文学などのアート、そしてヘルス関連情報など、老若男女を惹きつけるバラエティ豊かなコンテンツを用意。ほかにも、トラベルガイドや最新ミュージックについてのポッドキャストを配信するなど、多方面でのユーザー戦略を実施しています。

06. The Sun

ザ・サン|https://www.thesun.co.uk/

イギリス国内で有数のタブロイド紙と言われるThe Sunから派生したニュース系サイトです。大衆路線をうたっているタブロイド紙のなかでももっとも大衆寄りと称されるほどで、三面記事、つまりゴシップ系統のトピックについても提供。知識人よりも中流階級のユーザーの多いサイトと言っていいでしょう。もちろん政治や経済についてのニュースも取り扱っており、おもに保守的な観点からのコメントが多く見られます。特に人気のコンテンツはやはりサッカーで、ユーザーの投稿できる掲示板やコメント欄にはサッカー関連の投稿が少なくありません。

07. Daily Express

デイリー・エクスプレス|http://www.express.co.uk/news

歴史をさかのぼること遥か前、なんと1900年に創立されたタブロイド紙を元祖としているニュース系サイトです。歴史のある「大衆紙」であるため、一般の社会、政治そしてビジネス関連ニュースだけでなく、映画やテレビ、旅行などのライフスタイル、セレブリティについての読み物など、いわゆる「俗」なトピックについても分け隔てなく提供。オンライン・メディアの特性を活かし、ユーザーがコメントを登録できる機能をオープンにしており、パソコンだけでなくスマートフォンでも楽しむためのアプリも無料で配布しています。

08. Daily Mirror

デイリー・ミラー|http://www.mirror.co.uk/

同名のタブロイド紙から派生したニュース系サイトで、同紙はイギリス国内でも指折りの日刊紙です。その人気の理由のひとつは、幅広いジャンルを取り扱っていること。政治経済や最新技術に関連したトピックから、サッカーを中心とするスポーツ情報、やわらかいコンテンツとして芸能関連情報やおかしなニュース、映画やテレビについての情報など、どんなユーザーにも興味を持ってもらえるコンテンツを用意しています。FacebookやTwitter、Instagramなど若いユーザーが使い慣れているプラットフォームでもコンテンツを提供し、さまざまなメディアを駆使した展開が特徴です。

09. sky news

スカイ・ニュース|https://news.sky.com/

イギリス発の国際的なニュース企業として知名度の高いスカイによって運営されているニュース系サイトです。24時間つねに最新のニュースが提供されており、国際ニュースをフォローするユーザーに多く利用されています。ほかにもビジネス関連ニュースやスポーツ、世界中の天気予報なども提供。テレビとオンラインとで番組作りを統一するなど、ユーザーに与えるイメージをシンプルにまとめる戦略で運営されています。ほかのオンライン・サイトにもコンテンツをシェアしており、Yahoo! NewsやYouTube、Apple TVなどのプラットフォームでも視聴可能です。

10. Metro

メトロ|http://metro.co.uk/

イギリス国内を中心に新聞やウェブサイトを運営している、大手メディア企業DMGメディアが運営しているニュース系サイトです。その名前にあるように、地下鉄(メトロ)構内を中心に配布をされてきた無料の情報誌から派生。2002年の創立当初には同じ編集チームが担当していましたが、2015年からは紙とオンラインとで別々のチームを編成、独自のコンテンツを提供するようになりました。イギリス国内外のニュース、スポーツを中心に、セレブ関連のトピックやショービズ情報など、親しみやすいコンテンツが多く、ストリーミングのサービスも人気です。

このように、イギリスで多くのユーザーを集めるニュース系サイトには、全国紙やタブロイド紙など、紙メディアとして長い歴史のある媒体から発展的に生まれたものが比較的多いことがわかります。現在、メディア大国として世界的な覇者と言われているアメリカでは、国の歴史が浅いためケーブル局や衛星放送局、インターネット企業が運営するサイトが多いという事実とはとても対照的。イギリスの”国”としての歴史の長さが関係していると言えるでしょう。

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

ジェレミーラウ
ジェレミーラウ
株式会社カーツメディアワークス PR事業部ディレクター

カナダ・アルバータ大学・経済学部卒業後、香港のテレビ局に入社。
テレビコンテンツ制作のノウハウを学び、カーツメディアワークスへ海外PR/デジタルマーケティング担当ディレクターとして合流。