海外で人気のソーシャルメディアツール3選

近年、ソーシャルメディアの利用者が爆発的に増え、世界中で様々なソーシャルネットワーク が乱立し、それぞれが強烈な個性とサービスで独自の魅力を打ち出そうとしています。ソー シャルメディアは、その情報伝達の速さや拡散力から、ソーシャルメディアの活用はビジネスで も不可欠なものとなってきています。    ソーシャルメディアをビジネスに取り入れる際にもっとも重要となってくるのが、情報の内容は もちろんのこと、「いつ」「誰に」「何を」発信していくのかということでしょう。同じ情報の発信をし ていても、ターゲットとするユーザーに効果的に届けなくては、その効果は半減してしまいま す。    しかし、いざソーシャルメディアをビジネスに取り入れてみたものの、その運用や管理に追わ れてしまい、ソーシャルメディアが本来持つ爆発力を活かしきれず、期待通りの成果や効果を 出せていない企業や事業者も多いのではないでしょうか。  この記事では「海外で人気のソーシャルメディアツール3選」と題して、世界で絶大な人気と影 響力を持ち、​カラーの違うメディア​「​Twitter」「Facebook」「SNAPCHAT」の3つに特化し、 それぞれをより有効活用できるソーシャルメディアツールをご紹介していきます。

TweetDeck

2006年7月にアメリカでサービスが開始されたTwitterは、若い世代を中心に幅広い世代に利用されるSNSで、情報拡散力の速さが最大の特徴です。

Twitterの公式サイトでは、単一アカウントの単一のタイムラインしか見ることが出来ませんでしたが、「TweetDeck」を使えば複数のアカウントを1つのインターフェースで表示することにより、より便利なTwitter体験が可能になります。「TweetDeck」では、事前に登録した複数のアカウントについて、設定しておいたカラムで同時に閲覧し、リストや検索キーワードごとにタイムラインを作れるので、膨大な量のツイートを短時間でストレスなく確認することができます。さらに「TweetDeck」のスケジュール機能を使えば、時間指定をして複数のアカウントから、それぞれにツイートをすることもできます。更新も各タイムラインごとに自動で行われ、画面を切り替えることなく、各種リストを一元管理できる視認性は特筆すべきものがあります。

そしてTwitter社が運営する公式ツールのため、アップデートが早く、安定性は群を抜いており、Twitter社はTweetDeckを「リアルタイムな追跡、整理、エンゲージメントの最強ツール」と表現しています。

Facebook Pages Manager

言わずと知れたSNSの王様。全世界で圧倒的なユーザー数を誇るFacebookは、現在でも国内月間アクティブ率や海外月間アクティブユーザー数はまだまだ増加傾向で、ビジネス利用のページ数も世界的に伸びています。他のソーシャルネットワークと比較すると、年代を問わず幅広い世代のユーザーに支持されているのが最大の特徴です。

この「Facebook Pages Manager」を始めるのに必要なものはFacebookアカウントのみです。管理者は複数のページのアクティビティを一元化して管理することが可能です。しかもスマートフォンやタブレットでもページの全てを管理することができます。

「Facebook Pages Manager」アプリのインターフェースは、通常のプロファイルインターフェースとほぼ同様で、初めての使用でも安心です。メインメニューではページのアクティビティを追跡したり、更新や画像、ビデオ、オーディオなどの共有ができます。また、新しい活動、ヒント、およびリマインダーのプッシュ通知を取得したりすることも可能です。さらに、最新のページインサイトでは、いち早く顧客のニーズ・要求・期待を察知し、顧客の理解を深め、戦略を立てるのに役立つ実用的なデータを収集できます。これは、オンライン販売を促進し売り上げを高め、商品やサービスを宣伝し、Facebookでのブランド認知度を高めるのに役立ちます。「Facebook Pages Manager」を使えば、いつでもどこでも商品やサービスを宣伝することができ、オンライン販売を促進し、Facebookでのブランド認知度を高めることが可能です。

Snaplytics

欧州・アメリカで、他のSNSと比べて圧倒的に10代~20代のユーザーの支持を集めているSnapchatは、スマートフォン向け写真・動画共有アプリで、動画や写真を登録済みの友達に送ることができ、デイリーアクティブユーザー数1億7,300万人以上(公式発表より)を誇ります。

「Snaplytics」はSnapchatマーケティングのインサイトを提供する競合分析ソリューションです。競合他社の分析、他社がプラットフォーム上で行っていることを調査・評価するだけではなく、ブランド分析とインフルエンサー分析までも行い、マーケティング戦略を効率化する手助けをします。各ストーリーのオープン数、スクリーンショット数、完了率、オープン率、フォロワーの成長率などが簡単に分かり、独自の機能で誰でも自分のブランドに最適なSnapchatインフルエンサーを見つけことが可能です。

また、非常に情報発信力のある若年層に人気のSnpachatは、うまく使うことでユーザSnapchatの投稿をTwitterなどの他SNSへシェアをしてくれるため、ソーシャルバズを狙う事もできます。

今回は、それぞれのソーシャルメディアに特化したツールをご紹介しました。ソーシャルメディアをうまく活用していくことでユーザーとの交流の機会が増えていきますが、ソーシャルネットワークの運用が上手くいけばいくほどフォロワーも増え、情報を追うのが難しくなっていきます。マーケティングの効率化に向けて、これらのツールを参考にしてみてみてはいかがでしょうか?

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

矢崎 章裕
矢崎 章裕
株式会社インフォキュービック・ジャパン Social Media Marketing Team Manager
長野県生まれ。同志社大学卒業。大学在学中カナダへ留学しグローバルビジネスについて学んだのをきっかけに「グローバル視点での仕事に携わりたい」と思い、株式会社インフォキュービック・ジャパンに入社。Digital Marketing Teamにて、中小企業から大企業における、国内&国外のクライアントのプロモーションを担当。現在はSocial Media Teamにてサービス立ち上げおよび海外メディア開拓に従事する。趣味は、散歩。