Baidu / 広告種類まとめ(下)

皆様こんにちは。チョウです。

さて今回は前回の続きで、インフィード広告とブランドリンク広告について詳しくお話していきます。

・インフィード広告
・ブランドリンク広告

インフィード広告

早速ですが、百度インフィード広告は、Baiduの公式アプリである、「手机百度(Baidu Mobile)」「百度贴吧(Baidu Fans)」「百度浏览器(Baidu Browser)」に配信することが可能です。特にこれらのアプリは中国国内でも利用ユーザー数が非常に多く、広告のインプレッション回数を増やし認知拡大をしたいのであれば非常におすすめです。

この中でも、特に「手机百度(Baidu Mobile)」は上記3つのアプリの中でもユーザーが多く、ウェブのアクセス数では1日平均が60億回と非常に魅力的多くのユーザーに利用されており、インプレッション回数を増やす効果が期待できます。

ですので先ずは、「手机百度(Baidu Mobile)」の掲載例をご紹介したいと思います。

続いて注目しておきたいのは動画形式の広告です。動画を通じて表現することによって、自動車のスピード感や、テーマパークの素敵な景色、あるいは遊園地の施設の面白さ等、テキストや静止画では伝わりにくい魅力を効果的に伝えることが出来ます。

また、インフィード広告では、ユーザーのフィルタリング方法として、「ユーザーが過去に検索したことのあるキーワード」というターゲティング設定を追加することもでき、非常に広告と配信先ユーザーとの関連性を高めることができます。

この様な機能を活用することで、広告の内容に興味度の高いユーザーに効率的に広告配信することが可能となり、結果広告をクリックする確率も高くなることが予想されます。

ブランドリンク広告

では最後に、ブランドリンク広告を紹介したいと思います。
ブランドリンク広告は、指定した自社の企業名、ブランド名などを、ユーザーが百度で検索した際に、連動して表示される期間保証型の検索広告です。

この広告の特徴は検索画面内に画像や動画の表示が可能で、より効果的に自社のブランド認知を広げられることから、大手企業の大多数はブランドリンク広告を実施しています。
掲載イメージや特徴は様々なパターンがあります。例えば、他社にリスティングでキーワードを購入されていた場合でも、ブランドリンク広告を出稿していれば競合他社の広告はブランドリンク広告の下にしか表示されないため、より訴求力の高い場所に広告配信をすることが出来ます。また、平均CTRも40%程度であり、誘導効果も高いです。

更に、ブランドリンク広告に様々な表示形式があり、テキスト形式やバナー形式だけではなく、動画形式も利用することができます。文字で表現しにくい内容を動画を通じてより豊かに表現することができます。このように、ブランドリンク広告を活用することにより、広告はユーザーの目に留まりやすくなります。

皆様、いかがでしたか?
興味ございましたら、ぜひBaidu多種類の広告を試してみてください!
次回は百度リスティング広告でパフォーマンスを出すための秘訣をご紹介したいと思います。

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

チョウ シンギョウ
チョウ シンギョウ
株式会社インフォキュービック・ジャパン Digital Marketing Team Consultant        
1991年に中国に生まれ。大学2年生に埼玉大学にて一年間交換留学。大学卒業後、大阪大手メーカーにて家電製品の機械設計業務に携わる。グローバルマーケティングに興味を持ち、株式会社インフォキュービックジャパンに入社。EC、製造業、観光業等、様々な大手クライアントを担当。現在はDigital Marketing Team Consultantとして多くの企業様の中国販促を支援している。趣味は舞台鑑賞。