アメリカで最も使われているブログサイト / プラットフォーム3選

近年、急速なSNSの普及により、情報発信の方法が大きく様変わりしてきました。SNSはその情報伝達の速さと拡散力で、今では多くの企業が利用しています。そして、このSNSの利点を上手く活用することで、大きな効果が期待できると注目を集めているのが「ブログ」です。

「タイムラインが時間経過とともに流れていく」フロー型のSNSに対し、ブログは「ウェブ上にログ(記録)を残す」という概念で記事がネット上に記録されていくストック型です。そのため、ブログを訪れたユーザーに過去の記事も読んでもらうことができたり、SNSでは避けられがちなビジネスの専門性を出しやすく、記事ごとに検索にヒットする可能性があるのが大きなメリットです。

そんなブログを作成するのに使用されているサイト/プラットフォームも、日本と海外では違いがあります。今回は「アメリカで最も使われているブログサイト/プラットフォーム3選」と題して、アメリカの人気ブログサイト/プラットフォームを紹介します。

WordPress.Org (ワードプレス)

 

WordPressはブログ集客を目指すのに最適といわれているブログプラットフォームです。SEOに強いことがその一番の理由です。現在、SEOの順位を決定しているのはGoogleですが、Googleの検索エンジン開発部門の責任者であるマット・カッツ氏もWordPressのSEO効果について公言しています。記事の冒頭でも説明したように、記事が蓄積されていく「ストック型」であるブログは、過去の記事も「資産」として残ります。古いブログ記事であろうが、新しいブログ記事であろうが、そのコンテンツの質が良ければ、いつでも検索上位に表示されます。その「資産」の基盤となるのがSEOですので、ワードプレスを利用することは将来的にも「資産」を活かす手段と言えるでしょう。またサイトのデザインや広告の掲載、ブログを訪れた読者へのマーケティングの流れの作りやすさも人気の理由といえるでしょう。

Tumblr(タンブラー)

2007年3月にアメリカでサービスが開始された「Tumblr」は、2017年現在のグローバルユーザー数がアメリカを中心におよそ2億人にも上り、世界中の人に利用されているブログサービスです。Tumblrはブログとミニブログ、そしてソーシャルブックマークを統合したマイクロブログサービスで、メディアミックスブログサービスと呼ばれ、SNSや他のブログサイト/プラットフォームとは一線を画す存在として注目されています。Tumblrの特徴的な機能として、他ユーザーのブログを自分のページへと再投稿するリブログ(ブログ版のTwitterリツイート)が挙げられます。このリブログ機能がブログに欠けているとされる情報拡散力を補っています。おしゃれなテンプレートが多数存在しているのも人気の秘密です。

Wix(ウイックス)

 

世界中で一億人以上のユーザーが使う無料ホームページ作成サービスの「Wix」は、ブログ創りに最適なプラットフォームでもあります。なんと言っても人気の理由はデザイン性の高さです。デザインの元になるテンプレートは500種類以上で、どのテンプレートを選んでもテキストや画像、背景などのパーツを自由に編集しながらオリジナリティ溢れるブログを作成できます。また、写真や動画がボタン一つで投稿できることや、SEO対策としてパーマリンクやメタ情報の設定も可能な非常に高機能なブログサービスです。他のブログサイトに比べ、ビジュアル面が優れているため、写真家・建築家・ミュージシャンなどのIT系以外のクリエイターや、ブランドイメージを大切にするショップや企業に積極的に利用されています。

ここでご紹介した3つ以外にも多くのブログログサイト/プラットフォームが存在し、それぞれが個性を打ち出し、オリジナルのサービスを展開しています。それぞれのサイトが売りとしている機能や特徴を理解し、運用をしやすいものを選んで利用していくことが大切です。

1人でも多くの読者を引きつけるためには、やはりSNSとの連動が鍵となります。情報の拡散に優れたSNSを使うことで、ブログの速報性を高めることができます。両方の特性をよく理解し、臨機応変にそれらを組み合わせて戦略を立てていくことが必要といえるでしょう。

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

宇佐美 海太
宇佐美 海太
1985年東京生まれ。ポルトガル留学後、早稲田大学国際教養学部卒業。
大手製造業の映像プロデューサーとして各種PR動画の企画・プロデュースに従事した後、「日本と海外をつなぎたい」と決意し、株式会社インフォキュービック・ジャパンに入社。現在はマーケティング部のマネジャー として、多数のクライアントの海外向けコミュニケーションデザインを通じ、お客様と世界をつなぐコミュニケーション創造に心血を注ぐ。趣味はプロレス鑑賞。