香港・台湾向けのプレリリース講座

今日中国がアメリカをも凌ぐ最重要市場となりつつあるのはご存知でしょうか。そして、その中国を追うように、香港と台湾が市場へ参入してきています。

中国本土に比べて新しい情報や商品に積極的な姿勢を持ち、今やこの二つの地域でいかに話題を呼べるかが中国での成功の鍵となっています。

今回はそんな香港・台湾市場に響くプレリリースの作り方、をご紹介します。

 

MADE IN JAPANのパワーは未だ健在

最近ではMADE IN JAPAN!とあまり騒がれなくなったと小耳に挟むことがありますが、全くそんなことはなく、未だアジア市場においてその信頼性は絶大です。国別の訪日外国人旅行客数をみてもアジア諸国が常に上位を占めていることから極東地域における日本のブランド力が伺えます。

しかしながら、MADE IN JAPANという言葉の捉え方は少しずつ変わってきています。90年代までは流行や技術の最先端と考えられていた日本製品ですが、今はそれを凌ぐ技術力を持っている中国やK-POPブームの影響で有名になりつつある韓国などにより、「日本=最先端」というイメージは薄れつつあります。

それでもまだ「日本製=安全」というイメージは劣らずに残っています。

例えば香港・台湾などの中国語圏では、「同じ中国製でもよくできているものは日本へ、それ以外のものは中国で販売する」という都市伝説があるくらい、日本で売られている商品に対する信頼性は強いものです。その影響で、本国にも売っている商品をわざわざ日本に買いにくる旅行客もいるしいですよ。

香港・台湾にむけたプレリリースを配信する場合、これを常に頭に入れておきましょう。

例えば「日本で流行している最新の……。」という点より、「日本国内で生産」「日本における満足度~~%」など、流行面よりも、今のMADE IN JAPANのイメージである、質の高さを強調していくようにしましょう。

 

インフルエンサーのコメントは必須

現在、香港と台湾では、若者層を対象としたインフルエンサーマーケティングが盛んに行われています。商売の際、彼らの意見が売り上げを大きく左右するという事例もあるそうです。

そんな彼らの意見を無下にせずに、むしろどんどん活用していきましょう。インフルエンサーのコメントをプレスリリースに含め、またできれば彼らが商品のレビューをするビデオのリンクなども含めると非常に効果的でしょう。

特に香港では近年ライブストリーミングが台頭しているため、プレスリリースを送るとともに商品の体験会等をネットで配信すると、アクセス数も伸び、若者を中心とした媒体受けもいいでしょう。

 

最新のSNSプラットフォームを随時チェック

PRで成果をあげるためには、最新の流行を常に追っていなければいけません。そのためには、今の流行であるSNS環境での流行を常に見ていなければいけません。

例えば香港では現在SnapchatやFacebookが人気で、その中で何が人気なのか、それを知ることがプレスリリースの効果を大きく左右するでしょう。

また、SNSでは「いいね」の数やシェア数だけでなく、独自のアイディアが最大限に行かされたオマージュコンテンツの多さも評価指標となります。昨年末台湾を中心に「口紅に触れずに食べ物を食べる方法」というブームが起きましたが、こう言った真似しやすく人気の出ているコンテンツは常にチェックし、プレスリリースの文言にも、「口紅の次は……。」という風に言及することで、媒体にも刺さりやすくなるでしょう。

 

現地の空気を理解することが成功の鍵

日本においても全く同じことが言えますが、PRはその時の“空気感”いわばトレンドを以下に反映させ、消費者にどのように見られるかを考えなければなりません。そのため、日本で成功した方法も、他国では全く意味をなさない場合もあります。

現在の台頭市場である香港・台湾の文化や流行を常に見張り、その流れの一歩先をいかに読めるかが成功のカギとなります。

今後さらに重要性を増していくとされている中国市場を見据え、今の内に香港や台湾のメディア事情やトレンドを把握しておくといいでしょう。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

投稿者プロフィール

村上 崇
村上 崇
村上 崇(むらかみ たかし) 株式会社カーツメディアワークス 代表取締役/CEO

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。
報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。
その後、PRコンサルティングファームにて東証一部上場企業、グローバル企業などのブランディング及びクロスメディア戦略コンサルティングを手がけ独立。
コンテンツマーケティングおよび戦略PRを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。