インフルエンサー・マーケティング系サイト フランスでよく利用されているサイトの特徴は?

インフルエンサー・マーケティングはターゲットとしているマーケット全体に向けてというのではなく、個人に向けたマーケティングのプロセスのひとつ。ブランドは自らのリーチを拡大してターゲットとする顧客にアピールするためにインフルエンサー・マーケティングを活用しています。例えば、食品ブランドはターゲットとなるフード・ブロガーにアプローチして彼らの製品やプロモーションについてコメントを書いたりツイートしてもらおうとします。

インフルエンサーはブランドのメッセージを潜在的な顧客に向けて宣伝する巨大なメガフォンであり、彼らは限定的なコミュニティの枠内において特定のトピックに対してかなりのオーソリティを確立しています。そのため、インフルエンサーに影響力があるということは、ブランドのメッセージを受け入れられやすいと考えられるのです。

ここでは、フランスでよく利用されているインフルエンサー・マーケティング系サイトをいくつかご紹介しましょう。

 

グローバル企業も利用 ユニークなサービスを提供するサイトが上位に

 1. FameBit

フェームビット|https://famebit.com/

ミレニアル世代など10代から20代にかけてのジェネレーションをターゲットにインフルエンサー・マーケティングを行いたい方におすすめのサイトがFameBitです。基本的にはクリエイター側からブランドにプロポーザルを行うかたちでプロジェクトが進みますが、その際にはインフルエンサーのフォロワー・トータル数や年齢・性別構成などの統計的データがブランド側に提供され、それらをベースにコラボレーションにあたっての可能性を検討。分析エンジンだけを取ってみるとほかにも優れた分析サービスを提供しているサイトもありますが、FameBitが目指しているのは誰もが楽しめるコンテンツを世の中に提供することであり、マーケティングに関するコストを比較的セーブすることができます。CANONやAdidasなどがクライアントに名を連ねていますが、どちらかと言うとスタートアップ企業向けのサービスです。

2. TRAACKR

トラッカー|http://www.traackr.com/

Traackrは数あるインフルエンサー・マーケティング系サイトのなかでももっともポピュラーなもののひとつ。データベースに登録されているインフルエンサーの数が多く、さらにキャンペーンの運用状況をより深く分析するための分析エンジンに優れているだけでなく、Traackr独自のユニークなサービスとして「インフルエンサー・リレーションシップ・マネジメント」ツールにフォーカスしています。キャンペーンで大事なのは効果の大きさだけでなく「効果の持続性」も欠かせませんが、このツールを使うことでインフルエンサーを中心としたネットワークのなかから新しいコネクションの可能性を発見可能。息の長いキャンペーンを行いたいと考える企業には特におすすめのサービスであり、ヒューレット・パッカードやインテルなど世界的な企業も利用しています。

3. revfluence

レヴフルエンス|http://www.revfluence.com/

インフルエンサー・マーケティング系サイトのなかでも登録後にほとんど手がかからないサービスで好評なのがRevfluenceです。誰でも知っているメジャーなSNSサイトのインフルエンサー15万人以上がデータベースに登録されており、キャンペーンを効率的に展開したいと考えている企業やブランドにとってはまさにうってつけ。セルフサービス型プラットフォームなのでストレスなく利用することができるのもうれしいポイントです。なかでも「クリエーター・コラボレーション・ツールキット」というサービスを利用することで、インフルエンサーと一緒にコンテンツ制作を行うことも可能。必要な工程をアサインしながらコラボレーションを進行しながら進行状況を細かくトラッキングできます。キャンペーン開始後の効果分析ツールももちろん充実しています。

 

ほかではない、魅力的なサービスを提供するサイトもランクイン

4. TapInfluence

タップインフルエンス|https://www.tapinfluence.com/

TapFusionというソフトウェアで話題のインフルエンサー・マーケティング系サイトがTapInfluenceです。2015年9月にリリースされたオートメーション型ソフトで、それぞれの企業やブランドが効果的なマーケティングを行なっていくための強力なサポートとなっており、ボルボやGAP、コカ・コーラなどのグローバル企業もこのサービスを利用。TapFusionを使うことで複数のキャンペーンを実施している際でもそれぞれの進捗状況を適切に把握することができますし、作業を依頼したインフルエンサーのフォロワーがどのようにリアクションを行なっているのかまで一目瞭然となります。その利点を最大限に活用するという観点では、大規模なキャンペーンを頻繁に実施する大手企業により適したサービスと言っていいでしょう。

5. SPEAKR

スピーカー|https://speakr.com/

2万人を超えるインフルエンサーをデータベースに登録しているSpeakrは、Sonyや日産、フォード、ディズニー、ユニバーサル・スタジオなどさまざまな業態の大手企業が利用するインフルエンサー・マーケティング系サイト。企業やブランドとインフルエンサーをマッチングさせるためのエージェンシーとして機能しており、強力なテクノロジーがそれをバックアップしています。インフルエンサーをそれぞれの活動している領域ごとにカテゴライズしてあるため、企業側にはまとめて大々的なキャンペーンを実行できるというメリットがあります。数あるインフルエンサー・マーケティング系サイトのなかには、あくまでもポテンシャルでのサービスを提供しているところがありますが、Speakrは分析エンジンを最大限に活用することで「予測可能な」結果を得ることを自負しています。

6. NeoReach

ネオリーチ|https://neoreach.com/

ハンズオフのサービスにフォーカスしているインフルエンサー・マーケティング系サイトのひとつがNeoReach。「マネージド・キャンペーン」と呼ばれるサービスを利用することで、クライアントはキャンペーンの立案から実行までをすべてお任せし、進捗をトラッキングするだけですみます。データベースに登録されたインフルエンサーは300万人を超えており、クライアントはその膨大なデータベースに自由にアクセス可能。さまざまな条件を組み合わせて検索を行うことで、ブランドやキャンペーンにもっとも適したインフルエンサーにたどり着くことができます。価格のネゴシエーションから契約、支払いまでも一元管理できる便利さも併せ持ち、アメリカ最大の小売業者であるウォルマートなども利用しているおすすめのサイトのひとつです。

7. Upfluence

アップフルエンス|https://www.fastcompany.com/

メジャーなSNSにはfacebookやInstagram、YouTubeなどさまざまなものがありますが、ブロガーだけにフォーカスしたユニークなマーケティング・サービスを展開しているのがUpfluence。数多くのインフルエンサーが登録されたデータベースのなかから好みの条件を入力して候補者を絞り込み、候補者と価格交渉を行なって契約の締結までを進めていくことのできる「Reachr」と呼ばれるツールと、希望通りの記事広告を経験豊富なライター陣に執筆してもらえる「Publishr」と呼ばれるツールの2本立てで運用されています。どちらか一つのツールの利用だけでなく二つを一緒に利用することも可能で、キャンペーン実施後の分析もセットで提供。エールフランスやシトロエン、ネスレなどの大手企業がクライアントに名を連ねています。

 

インフルエンサー・マーケティングとはトリッキーな風景の中を横断していくようなものです。つまり、数あるソーシャルメディアのインフルエンサーのなかから最適な一人を見つけ出すのが成功の鍵となりますが、どこからスタートすればよいのか途方に暮れてしまうのです。

幸いなことにここにご紹介したサイトを利用することで最適なインフルエンサーを探し出し、あなたの伝えたいメッセージを適切な消費者に届けてくれる人を見つけることが可能となります。効果的なインフルエンサー・マーケティングの第一歩は最適なサービスを見つけることから始まるのです。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

投稿者プロフィール

ジェレミーラウ
ジェレミーラウ
株式会社カーツメディアワークス PR事業部ディレクター

カナダ・アルバータ大学・経済学部卒業後、香港のテレビ局に入社。
テレビコンテンツ制作のノウハウを学び、カーツメディアワークスへ海外PR/デジタルマーケティング担当ディレクターとして合流。