英語圏でトラフィックの多いゲーム系メディアは?

ゲーム業界ではいまやさまざまなプラットフォームを活用しています。Play StationやXboxなどの専用ゲーム・コンソールを使ったものからPCゲーム、モバイル・ゲーム、そして通信型ゲームなど、ユーザーの好きな環境で楽しむことができるようになっています。そんな状況において新たに生じたユーザーの悩みは「いったいどのゲームをプレイしたらいいのだろう?」ということ。

そんな悩みに的確な回答を提供するのがゲーム系メディアの使命の一つでもあります。ここでは英語圏で人気を集めているゲーム系メディアについてご紹介していきましょう。

 

グローバル展開を行う老舗サイトが上位にランクイン

 01. GAMESPOT

ゲームスポット|https://www.gamespot.com/

ゲームスポットはゲーマーにとって訪問すべきゲーム系メディアと言っていいでしょう。ゲームに関するもっとも新しいニュースを提供しているだけでなく、それぞれのゲーム・システムごとに情報を効率的に集めることも可能。有名なゲームだけをとりあげるのではなく、通好みのマイナー・タイトルのレビューも掲載しています。映像コンテンツやユーザー同士がコメントのやり取りを行えるフォーラムもあるなど、ゲームに関してさまざまな角度で情報を配信。とても役に立つリソースのひとつとしてゲーマーから高い支持を得ています。

02. IGN

IGN|http://www.ign.com/

IGNは老舗のゲーム系メディアとして知られています。ローンチは1996年と古く、ゲームをはじめとしてテクノロジー関連のニュースやコミック、映画などバラエティ豊かなトピックを取り扱うというコンセプトのもと、英語圏を中心にこれまで多くのユーザーを集めています。サイト名を冠したIGNアワードを運営しており、ゲーム業界では毎回注目を集めるまでに成長。PCサイトだけでなく専門のYouTubeチャンネルを展開したり、HuluやSnapchat、Twitchでの配信、さまざまなゲーム・コンソール向けのサービスなど多角的に展開しています。

03. Kotaku

コタク|https://kotaku.com/

コタクは世界的に知名度の高いギズモード・メディア・グループの傘下で展開しているゲーム系メディアです。さまざまなゲーム・システムについての最新情報を提供しており、レビューは読み応えがあるとして多くのゲーマーから高く評価されています。ほかにもゲームをめぐるカルチャーについての記事などを配信し、ニッチになりがちなゲーム系メディアのなかでは比較的ライトで読みやすいエディトリアルが評判となっています。

04. metacritic

メタクリティック|http://www.metacritic.com/game

メタクリティックは毎日忙しく暮らしているゲーマー向けに工夫されたゲーム系メディアです。一般的なゲーム系メディアのなかにはとにかく細かなレビューを記載することでユーザーの関心を引こうとする傾向がありますが、メタクリティックはまさにその逆。ゲームのレビューを長々と書くことに重きをおくのではなく、それぞれのゲームを1〜100で採点したデータをまとめることにフォーカスしています。データはほかの有名サイトのものとリンクさせるという潔さで、とにかくゲームがどういった評価を得ているのかを手軽に知りたいという方にはおすすめできるサイトのひとつです。

 

フォーカスしたサービスで差別化 ユニークなサイトも

05. Eurogamer

ユーロゲーマー|http://www.eurogamer.net/

ユーロゲーマーは”ユーロ”地域にフォーカスしてサービスを提供しているゲーム系メディアです。1999年にイギリスでスタートし、ヨーロッパでメインに流通しているゲームを積極的に取り上げています。ほかの多くのゲーム系メディアがアメリカを中心としたラインナップになっているのに対し、ユーロゲーマーではヨーロッパのインディペンデント系やPAL系の情報がてんこ盛り。そのユニークなコンセプトでゲーム系アワードを受賞した実績も。ハードウェアに着目してコンテンツを展開しているデジタル・ファウンドリーという姉妹サイトもあり、ソフトウェアとハードウェアの両面からゲーム業界をサポートしています。

06. gamesradar+

ゲームスレーダー・プラス|https://www.gamesradar.com/

ゲームスレーダー・プラスは偏りの少ないエディトリアルで評価されているゲーム系メディアです。最新ゲームについてのレビューや今後リリース予定のタイトルについてのニュース、話題のタイトルに関する特集コンテンツ、あるいは実況系コンテンツなど、ゲームにまつわるさまざまなニーズを満たすべくバラエティ豊富な内容を誇ります。SwtichやXbox One、PlayStation4などユーザー好みのシステムごとにコンテンツを検索することもでき、レビューはいわゆる”量産タイプ”ではなく一つひとつがとても丁寧に書かれているとしてユーザーから高く評価されています。

07. GIANT BOMB

ジャイアント・ボム|https://www.giantbomb.com/

ジャイアント・ボムは有名ゲーム系サイトのゲームスポットで編集スタッフをしていたジェフ・ガーツマン、ライアン・デイビスの2人が独立して2008年にスタートしたゲーム系メディアです。ゲームに関する最新のニュースや話題タイトルのレビュー、ビデオ・コンテンツや独自のコメンタリー・コンテンツなどを提供。ウィキペディアのスタイルを踏襲した「ビデオ・ゲーム・ウィキ・データベース」では古今東西のゲームに関する情報が満載で、多くのゲーマーが活用しています。

08. nintendo life

ニンテンドー・ライフ|http://www.nintendolife.com/

ニンテンドー・ライフはその名の通りNintendoのゲームが好きなゲーマーに向けたゲーム系メディアです。Nintendo 3DSやSwitch、eShopなどNintendoに関するさまざまなコンテンツを用意。これからリリースされる話題作についての最新情報や人気タイトルのレビュー、オリジナルに製作された映像コンテンツを用意するなど、とても力の入った作りになっています。ユーザー同士が意見交換を行えるフォーラムやコメント投稿フォーム、有名タイトルの隠しマップなど裏技情報など、ファンにはうれしい情報の宝庫となっています。

09. Destructoid

デストラクトイド|https://www.destructoid.com/

デストラクトイドはゲーム業界におけるオールラウンダーと言えるゲーム系メディアです。デイリーで10以上の最新記事をリリースするほど積極的に運用されており、プロのゲーマーによるレビューやコメント、今後リリースされる話題作についての最新情報やプレビューなどを提供。取り扱う範囲もPCゲームやコンソールだけにとどまらず、モバイルや配信型のゲームもきちんと押さえています。長すぎずシンプルでわかりやすいレビュー構成を採用し、スコアリングとセットにすることでそれぞれのゲームの評価が一目でわかる工夫も。ユーザーのためのコミュニティ運営やビデオ・コンテンツの配信なども手広く行なっています。

10. gameinformer

ゲーム・インフォーマー|https://www.gameinformer.com/

ゲーム・インフォーマーは歴史のあるビデオ・ゲーム雑誌が運営しているゲーム系メディアです。ゲーム系メディアのなかにはゲームだけでなくテレビやコミック、映画などについても取り上げているところが多い傾向にありますが、ゲーム・インフォーマーはゲームにのみフォーカスしてコンテンツを展開。最新ゲームについての話題や人気タイトルのレビュー、今後リリースされるタイトルのプレビューなど、ゲーマーの求めている情報を配信しています。読み応えのある質の高い記事作りを心がけており、ゲームを構成要素のひとつであるグラフィックやプレイ性能など、通好みのポイントを取り上げて評価しているところも人気の理由のひとつです。

 

いかがでしょうか。英語圏でトラフィックの多いゲーム系メディアのなかには、すでにグローバルな知名度を獲得している有名サイトもあれば、取り扱う地域やジャンルなどをフォーカスしていくことで差別化をはかる戦略を取るユニークなサイトなど、さまざまなサイトがあることがおわかりいただけたと思います。

ヴァーチャル・リアリティ(VR)の最新技術を活用したサービスがローンチするなど、ゲーム業界はいまも活況を呈しており、技術の進歩にしたがって今後もますます発展していくことが期待されています。

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

投稿者プロフィール

村上 崇
村上 崇
村上 崇(むらかみ たかし) 株式会社カーツメディアワークス 代表取締役/CEO

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。
報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。
その後、PRコンサルティングファームにて東証一部上場企業、グローバル企業などのブランディング及びクロスメディア戦略コンサルティングを手がけ独立。
コンテンツマーケティングおよび戦略PRを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。