Instagramビジネスアカウントを効率よく運用する方法を徹底解説!<br>(入門編)

こんにちは。インフォキュービック・ジャパンの山田です。

今回はInstagramのビジネスアカウントの運用方法についてご紹介したいと思います。

『インスタ映え』『インスタグラマー』など世の中で起きているブームや流行のトレンドは全部、Instagramから来ているといっても過言ではありません。多くの芸能人やアーティストが映画・ドラマ、楽曲やコラボ商品のプロモーション、その他の情報を発信するツールとしてInstagramを使っています。更には『インフルエンサー』として、Instagramでコンテンツ制作・投稿、自分のダンス・イラスト・詩などをInstagramで発信したことで一気に知名度が上がった方たちのサクセスストーリーをよく見聞きする機会があるかもしれません。

そう思うと、Instagramのユーザーは個人の場合が多いのではと思うのかもしれません。しかし、実際のところ、多くの企業や団体が自社のマーケティング活動のツールとしてInstagramを利用しています。でも、どのように運用すればいいのかわからない…と思い悩んでいませんでしょうか?

そこで、今回はそんな悩めるマーケティング担当者様に向けて効果的なInstagramアカウントの運用方法をひとつずつ解説していきたいと思います。

 

Instagram利用者の統計データが伝えるユーザーの傾向

Instagramのアクティブユーザー数は全世界で約8億人、その中でも毎日Instagramを確認しているのが5億人、約3億人以上が画像や動画などのコンテンツを投稿しています。ユーザーとのエンゲージメント率が0.1%以下のFacebookとInstagramでのエンゲージメント率が約4%。他のプラットフォームと比較しても、エンゲージメント率が圧倒的に多いInstagram。

この影響力を大いに生かし、マーケティングやPR活動をより効果的に実施できるために、新しく導入されたのがInstagramビジネスアカウントです。

 

Instagramビジネスアカウントとは?

Instagramのビジネスプロフィールと個人用アカウントとの大きな違いは、企業へ直接連絡できるボタン(メール、電話、店舗への道案内)の設置や、ショップの位置情報の掲載も可能です。また、Facebookページがあっても、ない場合でもビジネスプロフィールの設定が可能になりました。

<参照先:https://www.facebook.com/help>

個人用プロフィール切り替えたい場合でも、いつでも簡単に個人用アカウントに戻すことができます。ただ、インサイト情報は個人用アカウントに切り替えた時点でリセットされてしまうのでご注意ください。その他の注意事項としては、非公開アカウントのままでの利用はできないことと、関連付けたFacebookのアカウントでしかInstagramの投稿がシェアできないことです。

<参照先:https://www.facebook.com/help>

もし別のFacebookアカウントでInstagramの投稿をシェアしたい場合は、一旦個人用アカウントに切り替えてシェアし、その後またビジネスプロフィールを設定し、希望のFacebookページと関連付けしてください。

 

Instagramビジネスアカウントの3つのツール

Instagramをビジネスでの活用を促すべく、①ビジネスプロフィール②Instagramインサイト③投稿の宣伝のツールをリリースしました。それぞれの機能を簡単にご紹介します。

ビジネスプロフィール

企業へ直接連絡できるボタン(メール、電話、店舗への道案内)の設置や、ショップの位置情報の掲載も可能です。「電話する」「メールアドレス」をクリックすると、電話発信やメールの送信画面が立ち上がります。また、「道路を表示」をクリックすると、Googleマップが立ち上がり、GPSがオンになっていれば、道案内をしてくれます。

また、オンラインユーザーたちに第一印象を与えられるのはたったの0.2秒!その0.2秒のうちに会社のブランドのイメージ付け、会社紹介がちゃんと伝わるような形でプロフィールを作成しなければなりません。

印象に残るビジネスプロフィールを立ちあげる際に、下記の3点は必ず抑えておきましょう。

  • 自己紹介文(ターゲットオーディエンスに向けた会社紹介)
  • URLリンク先(会社のウェブサイトや新商品やサービス紹介用のLP)
  • プロフィール画像(ロゴ、ロゴマーク、マスコットなどわかりやすいものを起用)

Instagramインサイト

<参照先:https://www.facebook.com/help>

Instagramインサイトでは下記の項目や情報も閲覧可能です。

  • 自社のフォロワーの性別
  • 年齢
  • 位置情報
  • アクセスの時間帯
  • ユーザーの投稿に対するアクション数
  • いいね!数・コメント数
  • ユーザーが自分のアカウントの投稿を保存した数
  • Webサイトクリック数
  • メール送信クリック数
  • 道順クリック数
  • ストーリーのインサイト

インサイトに表示されるデータは「アクティビティ」「コンテンツ」「オーディエンス」の3つに分けられます。

「アクティビティ」では、アカウントのパフォーマンスの概要やプロフィールへのアクセスなどの数値が把握可能です。「コンテンツ」は、個々の投稿やストーリー、広告にまつわる数値を確認できます。

「オーディエンス」はフォロワーの属性(性別、年齢層、地域、アクティブな時間帯など)に関する情報を閲覧することができます。フォロワー数が100集まってからでないとこの機能は使えません。

しかし、ここでも注意していただきたい事項としては、インサイト情報はスマートフォンアプリでしか確認できないため、データをCSVフォーマットや、その他方法で抽出することもできません。

投稿の宣伝

Instagramインサイトでエンゲージメントの高い投稿を、そのまま広告として出稿可能です。

ユーザーに行ってほしいアクション(または、Call to Actionボタン)を「プロフィールへのアクセスを増やす」「ウェブサイトトラフィックを増やす」「広告によるビューを増やす」などから選べます。

<参照先:https://www.facebook.com/help>

また、「自動」「地域」「マニュアル」からターゲットオーディエンスを選択することができます。

最後に、広告にかける予算と掲載期間を設定してから、広告出稿の準備が完了となります。

 

なぜ企業がブランディング目的としてInstagramを活用すべきか

また、70%ものInstagramユーザーが企業アカウントをフォローしているにも関わらず、マーケティング活動にInstagramを活用した企業の割合が全体のたった36%。SNSを活用した企業のブランディングを通してファンを増やしたい、新しく紹介する商品・サービスを多くのユーザーに宣伝したいのであれば、エンゲージメント率が高いInstagramを活用すべきなのではないでしょうか。

 

まとめ

今回の記事では現在におけるInstagramのユーザーの実態や傾向、Instagramビジネスプロフィールの概要、なぜ企業がInstagramを活用すべきかを簡単に説明させていただきました。Instagramの企業アカウントの運用の基礎知識として、是非参考にしてみては?

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

山田 江里奈
山田 江里奈
株式会社インフォキュービック・ジャパン Social Media Marketing Team Planner
1993年フィリピン生まれ。幼少期の4年間はフィリピンで過ごし、異文化理解や多言語学習に興味を持つ。上智大学国際教養学部国際教養学科入学後、プライベートでの旅行、ボランティア活動、学生団体を通してアジア、ヨーロッパ、米国、南米を渡航。2017年7月インフォキュービックジャパン入社。トライリンガル(日本語・英語・タガログ語)。趣味は旅行、ヒールダンス