いつでもどこでも学習可能!オススメの言語ラーニングアプリ

近年の世界経済のグローバル化に伴い、資本や労働力が国境を越え て活発に移動し、貿易や海外への投資が増大しています。また、一般の人々にとって海外旅行が身近なものとなり、ますます多言語スキルの需要は高まっています。多くの言語能力を習得することは、人材としての価値を高めるだけでなく、他国の人々とのコミュニケーションをスムーズにし、異文化の人々との人間関係を築いていくことにも繋がります。

しかし異なる言語を学ぶことは容易ではなく、母国語のように話せるまでには長い年月を必要とします。忙しい日々の中で言語学習に時間を割くことができないという人もたくさんいるのではないでしょうか。

この記事では、仕事の合間や休憩時間、通勤中でもすぐに学習することができる人気の言語学習アプリを紹介していきます。

 

DUOLINGO

Source: https://www.duolingo.com/

 

世界で一番ダウンロードされている言語ラーニングアプリである「DUOLINGO」は、iOS対応アプリとして年間最優秀アプリを受賞した実績を持っています。アプリ内で提示される例文のほとんどには音声がついており、音声認識による発音チェックなどもあることから、学びたい言語を実際に声に出して練習することが可能です。

さらにこのアプリではゲームの様な感覚で学んでいけることが特徴で、その過程で独自のアプリ内通貨が貰えるなど、楽しみながら学習することが可能です。仕事の休憩や通学時など、ちょっとした空いた時間にも学習できることがDUOLINGOの強みです。

またそのビジネスモデルも独特で、収益は企業からのクラウドソーシングで得ています。そこでは学習の一環として上級者の利用者を翻訳活動に招待してコンテンツを翻訳させたり投票させたりし、そのコンテンツの翻訳を依頼した企業がDuolingoに翻訳料を支払うという仕組みになっています。

CEOのルイス・フォン・アン氏は、文字認証によるセキュリティ・システムの開発者でもあり「クラウドソーシングの天才」と呼ばれ、文字認証と完全無料の語学学習を組み合わせた、全く新しいWeb翻訳の仕組みを創り上げました。

 

HelloTalk

Source: https://www.hellotalk.com/?lang=en

 

世界最初の言語交換ソーシャルネットワークアプリとして知られる「HelloTalk」は、世界各地のネイティブと繋がれる言語マッチングサービスです。このアプリの自慢はなんといっても、同じく第二外国語を勉強している人とオンラインチャットで会話したり実際に会って一緒に学習する機会を与えてくれることで、アプリを通じて世界中のユーザーとの絆を築くことも可能です。

HelloTalkの最大の強みは、およそ200もの異なる言語を練習できるようにしていることです。現在でも言語学習において暗記に重きを置くアプリが存在する中、HelloTalkはコミュニーション力を育むことを最優先しています。このコンセプトを基に急成長したHelloTalkは、2015年には100万人に届かなかったユーザー数を、ほぼオーガニック・グロース(企業が内部資源を活用して現状の製品やサービスの売上を伸ばし、成長しようとすること)のみで現在の1000万人以上にすることに成功しました。

 

 

TANDEM

Source: https://www.tandem.net/

ベルリンに拠点を置く「TANDEM」は、無料でネイティブスピーカーたちと外国語会話レッスンが行える言語交換アプリです。このアプリの魅力はテキストメッセージでのやり取りに加えて、音声・動画メッセージでのやり取りも行うことが可能となっており、ネイティブスピーカーとの音声通話を制限なくできることです。

アプリの使用開始時には、プロファイル上に自分の興味や学びたい言語、どのような点を勉強したいのか、そして話したい内容などを細かく記載し、顔写真も投稿する必要があります。これにより自ずとプラットフォーム上には真剣に言語を学びたい人達が集まり、お互いに集中して勉学に励むことが可能になっています。

TANDEMのCEOであるAschentrup氏の「実際に言葉を話さずして新しい言語の習得はできない。無料でスピーキングの練習ができるのはTandemだけ」という理念のもと、ユーザー同士が無料でスピーキングの練習ができるプラットフォーム作りにフォーカスした結果、言語学習をサポートするアプリが飽和状態にある市場でニッチな市場を築くことに成功しました。

 

 

BABBEL

Source: https://www.babbel.com/

「BABBEL」はドイツ・ベルリンを拠点とするオンライン語学学習サービスで、ヨーロッパの言語を中心に世界13言語の学習を提供しています。ヨーロッパを中心としているので、英語に加えてフランス語やスウェーデン、ノルウェー語なども勉強できるのが特徴です。

多彩なコースが用意され、実際の語学教室のように会話を中心に適宜単語や文法などを順に学んで行くコースや、会話よりも自分が覚えたい単語や文法に重きをおいて取り組みたい人用のコースもあります。また、実際に発話してそれを判定してくれる機能も搭載されており、実践的なトレーニングも行えます。さらに単語の意味に合った画像を選ぶといったゲーム形式も採用されており、インタラクティブに学んでいくことが可能となっていて、教科書や参考書のような無機質な教材を使用した勉強法とは違った学び方ができます。

 

 

Lingua.ly

Source: http://lingua.ly/

ウェブを利用した画期的な外国語学習環境を提供する「Lingua.ly」は、ブラウザの拡張機能により、ユーザーが触れた実際のニュース記事やメールを教材に変えてくれる画期的なシステムを提供しています。

ユーザーがメールや記事の中で馴染みのない言葉に遭遇すると、文法データなど各ユーザーの学習レベルに合った情報が表示されます。また検索ワードを追跡することで、ユーザーの学習の進捗を把握し、ユーザーのレベルを再評価します。ネットサーフィン中に覚えたいと思った単語で構成される単語カードを作ったり、グループ化したりできる機能が備わっていて、スマートフォン上でいつでも確認することが可能となっています。

ネイティブレベルの言語力で書かれた記事を読みつつ読解力をつけていくことができるため、ネットサーフィンなどの空いた時間でもコツコツと覚えていくことができ、結果として単語の定着率を高めてくれるLingua.lyは、特に中級者~上級者の学習者にお勧めです。

多くの時間をコンピューターの前で過ごすことの多い現代人の生活を考慮し、その時間を習得中の言語トレーニングのために利用すればいい、という考えのもと開発されたのが次世代型言語学習システムLingua.lyなのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。様々な言語学習アプリが生まれては消えてゆく現代で、各アプリがそれぞれの強みを生かし、ユーザーを獲得しているのがおわかりいただけると思います。今や英語をはじめとした言語は様々な場面において利用されるようになっており、日常生活やビジネスの場でも広く求められる時代になっています。

そして現在はスマートフォンやインターネットが幅広く普及しているので、世界のどこにいても携帯端末を出して自分のペースで学習することが可能になりました。これらのアプリは今後もさらにコンテンツを充実させ、効率的で楽しい言語学習を提供してくれることでしょう。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

 

投稿者プロフィール

矢崎 章裕
矢崎 章裕
株式会社インフォキュービック・ジャパン Social Media Marketing Team Manager
長野県生まれ。同志社大学卒業。大学在学中カナダへ留学しグローバルビジネスについて学んだのをきっかけに「グローバル視点での仕事に携わりたい」と思い、株式会社インフォキュービック・ジャパンに入社。Digital Marketing Teamにて、中小企業から大企業における、国内&国外のクライアントのプロモーションを担当。現在はSocial Media Teamにてサービス立ち上げおよび海外メディア開拓に従事する。趣味は、散歩。