英語圏でトラフィック流入の多いニュース系メディアは?

インターネットの発展のおかげでいまや世界はオンラインでつながっています。そのため世界各地で起こっているさまざまな出来事も瞬時に共有できるようになっており、グローバルなネットワークを築くことのできるニュース系メディアの存在感はますます増しています。

ここでは、英語圏でよくアクセスされているニュース系メディアについてご紹介していきましょう。

 

大手検索系サイトや新聞系 放送系サイトがランクイン 

 01. Google News

グーグル・ニュース|https://news.google.com/

グーグル・ニュースは世界最大手の検索エンジンとして世界的によく知られたグーグルが運営するニュース系メディアです。強力な検索エンジンと最新鋭のアルゴリズムを備えており、世界中で発信されている各国のニュース情報に常時アクセスし、もっともホットな話題を中心にピックアップ。グーグル・アカウントと連動させることでユーザーの嗜好にあったトピックや周辺情報などをカスタマイズして提供することで、ユーザー一人ひとりのプラットフォームを作り上げています。

02. New York Times

ニューヨーク・タイムズ|https://www.nytimes.com/

ニューヨーク・タイムズは言わずと知れた世界的なクオリティ・ペーパーが運営するニュース系メディアです。ウォール街で活躍するビジネスマンに贔屓にされる新聞紙同様、最新かつ正確な情報の提供を第一に展開。オンラインならではのメリットを生かし24時間365日常に新しいニュースを手に入れることができます。ベースは有料サービスにありますが、フリーで読むことのできるビジター用のサービスも。ビジネス情報にとどまらず、政治やスポーツ、テクノロジーやヘルスケアなど、取り扱うジャンルが多いことでも知られています。

03. Mail Online

メール・オンライン|http://www.dailymail.co.uk/home/index.html

メール・オンラインは世界的に知名度の高いデイリー・メール・ドット・コムが提供しているニュース系メディアで、アメリカにフォーカスしてサービスインしています。最新ヘッドラインのなかには、ビジネスや政治だけでなく、ショービジネスやエンターテインメント、スポーツ、サイエンス、ヘルスケアなどさまざまなジャンルを横断してその時々に押さえておきたいトピックスを提供。アメリカについてより多角的な情報を得ることができます。

04. Fox News

フォックス・ニュース|http://www.foxnews.com/

フォックス・ニュースはアメリカを代表するケーブルテレビ「フォックス・ニュース・チャンネル」の展開しているニュース系メディアです。最近ではケーブルテレビだけにとどまらず、最近では衛星テレビでの放送も行なっており、これらをすべて束ねるのは映画製作でも知られる21世紀フォックス。オンライン・ニュース部門ではエンターテインメントやライフスタイル、トラベルなどにも力を入れており、あらゆるジャンルの最新情報を世界中に配信することをコンセプトに展開しています。

 

おしなべて新聞系や放送系のプレゼンスが目立った結果に

05. The Guardian

ガーディアン|https://www.theguardian.com/international

ガーディアンはイギリスの大手新聞紙が運営するニュース系メディアです。イギリスだけでなくアメリカなど世界各国のホットなニュースやビジネス、スポーツについて取り上げるとともに、各業界の専門家によるコメントやレビュー、世界情勢の分析など豊富なコンテンツで知られます。クオリティ・ペーパーの運営によるところもあり、掲載する情報の正確さにおいて高く評価されており、常に新しいジャンルへの挑戦を怠ることのない攻めの姿勢を持つメディアでもあります。

06. The Washington Post

ワシントン・ポスト|https://www.washingtonpost.com/

ワシントン・ポストはアメリカで最も古い日刊紙の展開するニュース系メディアです。運営母体は1877年に創業し、クリアでバイアスを廃した記事の提供を掲げており、オンラインもその路線を引き継いで24時間常に最新の情報を提供するべく活動を行なっています。一つの出来事についてできる限り多角的な観点から分析を行うことで、読者に誤った先入観を植え付けることのないよう配慮されており、その誠実な姿勢が高く評価されています。

07. Yahoo! News

ヤフー・ニュース|https://www.yahoo.com/news/

ヤフー・ニュースはグローバルな知名度を誇る大手の検索エンジンが運営するニュース系メディアです。オンライン・ニュースとしての歴史も古く、1996年8月からサービスを提供しています。検索エンジンであるメリットを活用して世界中からあらゆる情報を集めて掲載しており、ニュースを起点としてユーザーの興味のある事柄にアクセスすることももちろん可能。取り上げるジャンルも幅広く、アクセスした時点での最新ヘッドラインが表示されるので常にフレッシュな情報を求めている方に特におすすめです。

08. HUFFPOST

ハフポスト|https://www.huffingtonpost.com/

ハフポストはもともと「ハフィントンポスト」と呼ばれていたグローバル展開を行うニュース系メディアです。2017年4月に現在の名称へと変更されました。国際版の展開を行うとともに、日本をはじめとするローカル版もプロモートしており、後者ではドメスティックな最新情報や特集記事を豊富に取り揃えています。ブログ形式の読みやすいコンテンツ編成を採用し、10代から20代といった若年世代からも人気を集めているとともに、固いニュースとカジュアルなエンタメ系記事とをバランスよく取り混ぜたエディトリアルも高く評価されています。

09. CNN

CNN|https://edition.cnn.com/

CNNはアメリカに拠点を持つケーブル・テレビおよび衛星テレビの放送局が運営するニュース系メディアです。同放送局は提供するニュースのクオリティの高さで知られており、まさにアメリカがグローバル社会に誇るメディアのひとつと言っていいでしょう。世界中で起こる事件や問題を常にフォローしている放送局の運営するオンライン・メディアであることもあって、ジャーナリスティックなエディトリアルを特徴としており、一つひとつの記事に重みがあるとして評価されています。親会社であるタイムワーナーがこちらもアメリカを代表する電話会社AT&Tによって2018年6月に買収されたことで、今後の展開に大きな注目が集まっています。

10. NBC News

NBCニュース|https://www.nbcnews.com/

NBCニュースはアメリカの三大ネットワークであるNBCが展開するニュース系メディア。1926年にラジオ放送をスタートし、1954年1月23日に世界で初となるカラーTV放送をスタートした歴史のある企業です。アメリカにおいては国民的な支持を得ており、オンライン・ニュースにおいてはアメリカをはじめとして世界中で注目を集めているニュースを24時間体制で配信するとともに、ヘルスケアやテクノロジー、あるいはポップ・カルチャーなどについての最新情報も手広く展開しています。

 

いかがでしょうか。英語圏で多くのアクセスを集めるニュース系メディアは主に新聞紙系と放送系の2つの柱であることがおわかりいただけたと思います。そんななかで、ネット独自のメディアも台頭してきており、今後はますますネットの勢力が強まることも想定されます。

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

投稿者プロフィール

ジェレミーラウ
ジェレミーラウ
株式会社カーツメディアワークス PR事業部ディレクター

カナダ・アルバータ大学・経済学部卒業後、香港のテレビ局に入社。
テレビコンテンツ制作のノウハウを学び、カーツメディアワークスへ海外PR/デジタルマーケティング担当ディレクターとして合流。