中国で大きなトラフィックを誇るトラベル系メディアは?

中国には北京の天安門や故宮、万里の長城などさまざまな世界遺産があり、毎年世界各国から数多くのツーリストが訪れています。海外から中国を訪れる観光客が利用するトラベル系メディアの多くはアメリカやヨーロッパに拠点を持つグローバルなサイトですが、一方で中国から海外に旅行をする人、あるいは中国国内を旅行する人たちはどういったメディアを利用しているのでしょうか。

ここでは中国国内から多くのトラフィック流入を誇るトラベル系メディアについて、代表的なサイトをご紹介していきましょう。

 

ワンストップ・サービス 魅力的なディスカウントなどを提供するサイトが上位に

 01. Trip.com

トリップ・ドット・コム|https://www.trip.com/

トリップ・ドット・コムは上海で1999年にローンチしたトラベル系メディアです。以前はCtrip(携程)という名称のサービスで運営されており、ホテルや航空チケットの予約を行ったり、パッケージ商品のブッキングなどトラベル関連のさまざまなサービスを予約可能。運営会社では1万人以上の社員が働いており、中国を代表する大手企業のひとつにも数えられています。海外から中国に旅行をするインバウンド系、海外に出かけるアウトバウンド系、そして中国国内で旅行を行うドメスティック系とすべての形態の旅行をカバー。今では中国国内における最大のトラベル系サービスとして認知されるまでになりました。

02. Mafengwo.com

マフェンウォ・ドット・コム|http://www.mafengwo.cn/

マフェンウォ(马蜂窝)・ドット・コムはとてもユニークなトラベル系サービスを提供しているメディアです。メインとなるターゲットを中国大陸を自分で運転して旅する人に設定し、セルフ・ドライビングによる旅行に役立つ情報を多数提供。中国全土の面積は960万㎢ほど、ロシアとカナダについで世界第3位と広大な国土を誇りますが、そのため行政地域ごとにさまざまなルールや文化が大きく異なるもの。そこで交通に関する情報やアドバイス、ドライブの途中に立ち寄ることのできる絶景スポットやアトラクション情報などを総合的に提供しているこのサイトは大いに役立ちます。

03. Qunar.com

クナー・ドット・コム|https://www.qunar.com/

クナー(去哪)・ドット・コムは旅行に関する費用をとにかく安く抑えたいと思っている人におすすめのトラベル系メディア。ホテルや航空チケットをディスカウント・プライスで購入できるサービスを提供しています。中国本土でメインに展開しているトラベル系メディアはたくさんあり、似たようなサービスを提供しているサイトも少なくありませんが、価格面でのメリットにおいては一二を争うほど。もちろんディスカウント・レートは毎日変動していますのでこまめのチェックが必要ですが、10代20代のバックパッカーを中心に絶大な人気を集めているサイトのひとつです。

04. eLong.com

イーロン・ドット・コム|http://www.elong.com/

イーロン(艺龙)・ドット・コムは旅行の際に必ず必要となるホテルや飛行機の手配をすることにフォーカスしてサービスを提供しているトラベル系メディアです。そのため取り扱う商品のバラエティがとても豊富で、誰もが一度は宿泊してみたいと思う超高級ホテルやバックパッカー向けのコストを最低限まで抑えた宿まで数千を超える宿泊先のなかから希望に合わせて選ぶことが可能。取り扱う宿泊施設の数では中国に数あるトラベル系メディアのなかでもトップクラスと言われています。限定のスペシャル・プランを設定するホテルも数多くあり、定期的にチェックをすることでよりお得な旅行を計画できます。もちろん、海外に出かけるツーリスト向けの海外ホテル予約サービスも提供しています。

 

海外メディアの中国版 検索最大手の運営するサイトもランクイン

05. Daodao

ダオダオ|https://www.tripadvisor.cn/Lvyou

ダオダオ(到到网)は世界的に知名度の高いトリップアドバイザー・ドット・コムの中国版メディア。

同メディアは全世界におけるトラベル系メディアのアクセスランキング第1位を誇り、マンスリー・アクセス数はおよそ17億という超巨大プラットフォームです。各国仕様の専用サイトを用意しており、日本でもローカライズされたサイトが立ち上がっています。ユーザーによるホテルや観光スポットについてのコメントやアドバイスの投稿サービスを売りとしており、ガイドブックなどでは読むことのできない的確で役に立つコメントを求めて日々多くの人がアクセスしています。

06. Baidu Travel

バイドゥ・トラベル|https://lvyou.baidu.com/scene

バイドゥ・トラベル(百度旅游)はグローバルにその名を知られるバイドゥ(百度)によって運営されているトラベル系メディアです。バイドゥは中国版グーグルとして、中国本土に数あるドメイン・サイトのなかでもアクセス数第1位を誇っており、検索エンジンというサービスを活用したトラベル系ウィキペディアとしてバイドゥ・トラベルをローンチ。中国本土にあるあらゆる観光スポットについての情報を蓄えており、旅行の計画を立てる際に多くのユーザーが利用しています。またユーザー自身の旅行ガイドを作成、投稿できるためより実践的なデータベースとして活用されています。

07. lvmama.com

エルヴィーママ・ドット・コム|http://www.lvmama.com/

カテゴリーランキング:646位|月間ビジター数:274万

平均滞在時間:2:33|平均PV:3.47|直帰率:60.54%

エルヴィーママ(驴妈妈)・ドット・コムは個人で旅行をする人におすすめしたいトラベル系メディアです。中国本土では実に多くのトラベル系メディアがサービスを提供していますが、その多くにおいては個人旅行をしたいと思っても団体向けのツアーを利用しなければならないケースがほとんどです。一方こちらのサイトでは、レンタカーを利用して気のおもむくままにあちこち運転しながら旅行を楽しむことができるヒントが満載。各地域のドライビング情報や観光スポット情報が入手できるだけでなく、観光地やアトラクションの入場券を団体向けディスカウント・プライスで購入することも可能です。

08. YODODO

ヨードードー|http://www.yododo.com/area/

ヨードードー(游多多)は旅行に関するあらゆる商品やサービスを購入することができるトラベル系メディアです。飛行機や列車のチケット、レンタカーはもちろんのこと、旅行関連保険やその他のサービスについてもまるでスーパーマーケットで買い物をするように便利に購入可能。もちろん中国国内の観光名所や絶景スポットについての情報も豊富に提供しています。ヨードードーならではのユニークなサービスとして、掲示板を利用して一緒に旅行をするパートナーを募集できるサービスも。10代や20代といった若年層を中心にサービスを利用するユーザーが増えています。

 

いかがでしょうか。中国本土で人気を集めているトラベル系サイトの多くは主にドメスティックなマーケットをターゲットにしていることがおわかりいただけたと思います。これはおよそ14億人もの人口を抱える巨大国家・中国ならではの現象と言ってよく、国外から中国を訪問する外国人観光客と比較しても国内在住の潜在的な観光客がその数においてまったく引けを取らないというばかりでなく、かえってより大きなマーケットとなっているという事実があるためです。

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

 

投稿者プロフィール

ShigekatsuOkada
ShigekatsuOkada
編プロを経てフリーのIT系ライターに。スタートアップやVC関連に興味あり。IT分野では機械学習、クラウド、ビッグデータ、データ、IoTなどの分野が得意ジャンル。