日本が世界に誇るマンガ文化!世界で愛されるマンガアプリ5選

世界の人々が「日本」と聞いて思い浮かべることは何でしょうか。お寿司や着物、侍など日本を象徴するものはたくさんありますが、幅広い年齢層の人に広く認知されているものといえばズバリ「マンガ」でしょう。日本国内で最初にマンガが誕生したのは平安時代、『鳥獣戯画』という作品が現在記録に残っている日本最古のものと言われています。

日本のマンガはその独特なスタイルとストーリーから、世界中に多くのファンを持ち愛読されてています。各国の書店の一角には、日本コミックのローカライズコーナーが設けられるなど、世界中で市民権を得ています。

また近年は、スマートフォン上でも専用アプリを通して、スキャンされたマンガをいつでもどこでも読むことが可能になり、世界中のファンがこれらのアプリを使ってマンガを楽しんでいます。

では世界中のマンガファンは、実際にどのようなアプリを使用してマンガを読んでいるのでしょうか?この記事では、ローカライズされた日本のマンガが観賞できる、世界で人気のモバイルアプリケーションを紹介していきます。

 

手軽に無料でマンガを楽しむ!

Zingbox

Image source: http://www.zingbox.me/

アプリ内で提供されているマンガが全て無料で観賞することができる人気アプリがこの「Zingbox」です。ボタン一つでマンガを一括ダウンロードすることもでき、既にダウンロードしてあるマンガは、オフライン状態でも読むことができるためンターネットが利用できない場所でも安心して楽しめます。

オレンジとホワイトを基調としたシンプルなデザインのインターフェイスを採用し、誰でも簡単に好きなマンガを読むことができます。ページ上にコメントを入れる機能も備わっているので、マンガを読む前に他のユーザーのコメントを参考にしたり、自分の意見を書き込んだりして他ユーザーとのやり取りを交わすことも可能です。

 

MangaZone

Image source: http://mangazoneapp.com/

使用する携帯端末の容量に負担をかけずにマンガが読みたい方には、「MangaZone」がオススメです。同アプリは非常に軽く、追加設定もないためインストールが非常にスムーズです。またMangaZoneでは15000点以上の英訳マンガを無料で楽しむことが可能です。

アプリの機能としては、全世界3万人以上のユーザーの口コミ評価を読むことができる他、しおり機能が搭載されているためアプリを閉じてしまっても最後に読んでいたページから再開することができたり、コミュニティ欄では他のユーザーたちとのチャットを楽しむことも可能です。

 

英語以外の言語にも対応!

 

Manga Rock

 

Image source: http://mangazoneapp.com/

使用する携帯端末の容量に負担をかけずにマンガが読みたい方には、「MangaZone」がオススメです。同アプリは非常に軽く、追加設定もないためインストールが非常にスムーズです。またMangaZoneでは15000点以上の英訳マンガを無料で楽しむことが可能です。

アプリの機能としては、全世界3万人以上のユーザーの口コミ評価を読むことができる他、しおり機能が搭載されているためアプリを閉じてしまっても最後に読んでいたページから再開することができたり、コミュニティ欄では他のユーザーたちとのチャットを楽しむことも可能です。

 

Manga Master

Image source: http://mangamaster.net/

Manga Masterは実に24000点以上ものマンガタイトルを無料で提供しているアプリです。同アプリはMangareaderやMangafoxなどといった複数の大手ソースに対応しているため、随時新しい作品が追加されています。

アプリでは英語のマンガの他にも、スペイン語やフランス語へと翻訳されたマンガを読むことができることから、ヨーロッパ圏のユーザーにもとても人気があります。なお、このアプリでは一部のタイトルを除いて、ほとんどが無料で観賞できるようになっていることも人気の理由です。

 

最新作を日本と同日に読める!

Crunchyroll Manga

Image source: http://www.crunchyroll.com/comics/manga

米国で日本アニメやマンガなどのコンテンツを提供・配信しているCrunchyroll社が運営している人気のアプリ「Crunchyroll Manga」は、アメリカを中心とした世界のマンガファンを虜にしています。

アプリの人気の理由はジャンルやタイトルの豊富さと、最新の人気作品や最新話までを網羅していることです。さらに他の競合アプリにはない最大の魅力は、日本国内でマンガの最新話がリリースされた数時間後にはその英訳版が読めるようになることでしょう。ユーザーはお気に入りのマンガをいち早く楽しむことが可能になっています。

また、クランチロール社が提供しているマンガやアニメは、全てライセンスの元で配信されていることも特筆すべき点です。

いかがでしたでしょうか。基本的にマンガアプリは全編無料にして広告費で収入を得ているものと、一部のコンテンツを有料化し収入を得ているものがあります。マンガアプリは非常に新しい市場であるからこそ、どのビジネスモデルが正解というものはまだ確立されていません。そのため現在は各アプリが収益化の方法を模索し、しのぎを削っている状態です。若い市場でありながら将来性も高いマンガアプリというビジネスは、今後新たなビジネスモデルが生まれる大きな可能性を秘めているのではないでしょうか。

 

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

 

 

 

投稿者プロフィール

矢崎 章裕
矢崎 章裕
株式会社インフォキュービック・ジャパン Social Media Marketing Team Manager
長野県生まれ。同志社大学卒業。大学在学中カナダへ留学しグローバルビジネスについて学んだのをきっかけに「グローバル視点での仕事に携わりたい」と思い、株式会社インフォキュービック・ジャパンに入社。Digital Marketing Teamにて、中小企業から大企業における、国内&国外のクライアントのプロモーションを担当。現在はSocial Media Teamにてサービス立ち上げおよび海外メディア開拓に従事する。趣味は、散歩。