DTM制作に必須!DAW おすすめソフトウェア

今や技術の発展のおかげで、様々なことを自宅にいながらでも行えるようになりました。最近はボーカロイドをはじめとした音楽制作ソフトの普及によって、世界中の人々の間で曲作りが流行しています。

一昔前までは一つの曲を作るために音楽スタジオに行き制作をしなくてはなりませんでしたが、今ではパソコンとソフトウェアさえあれば、自宅で音楽制作を行うことができます。そしてなによりも、各種楽器を本物のように演奏できるプログラムがあるので、それらの楽器を買い揃えたり、レンタルしたりする必要もなくなりました。

そこで今回は、このような便利な音楽制作機能が充実していて、かつコンパクトになったDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)ソフトウェアを紹介していきたいと思います。

 

無料でも機能は充実!DAW フリーソフト

GarageBand

Source: https://www.apple.com/ph/mac/garageband/

iPhoneなどの開発で世界的に有名なApple社が開発・販売する「GarageBand」は、プロのミュージシャンでなくとも簡単に音楽制作ができるように、という目的で開発されており、その使いやすさと多機能性は突出しており、ギターやキーボード、ベース、ドラムといった数多くの音色を取り揃えたDAWソフトウェアです。

視覚的に理解しやすいようなユーザインタフェースは初心者でも簡単に扱うことができ、その使いやすさのためか、本来のターゲットではないプロのミュージシャンにもデモ制作やアイデアの記録のために使用されています。

さらに本ソフトウェアでは、作曲から編曲、ライブ演奏、ファイル書き出しはもちろんのこと、FacebookやYouTube、SoundCloudへのアップロードにいたるまで、全ての作業をGarageBandで行えることも人気の一つです。

そしてなによりもGarageBandは現在、macOSおよびiOSにて『無料』でダウンロードすることが可能です。無料でありながらも、有料ソフトウェアに匹敵する性能を備えたGarageBandは、非常に高いコストパフォーマンスを誇っています。

 

初心者も安心!手ごろに試せるDAW おすすめソフト

FL Studio

Source: https://www.image-line.com/flstudio/

ベルギーに拠点を置くIMAGE-LINE社が開発・提供している「FL Studio」は、比較的安価な音楽制作ソフトとして世界中で圧倒的な人気を誇る、統合型音楽制作ソフトウェアです。本ソフトはステップシーケンサを原型としていて、開発当初から一貫したユーザインタフェースを持っています。

FL Studioの得意とする音楽ジャンルは、同様の音形を繰り返して楽曲が進行するダンスやクラブミュージックなどですが、ユーザーはクラシックからカントリー・ミュージックにいたるまで、あらゆるジャンルの音楽を制作することができます。

また、ピアノロールに音を並べて楽曲の入力・制作したり、楽器の演奏をラインやマイク経由で録音することはもちろん、追加の楽器やエフェクトのソフトウェアを利用したり、オケのトラックとボーカルのトラックを合わせてMIXすることもできます。さらにFL Studio公式の追加プラグインを使えば、ボーカルの音程を調整、録音のノイズを除去、さらには自作のシンセサイザーやエフェクトを作成するなどができます。

そして競合の商用DAWと異なることは、生涯無料でバージョンアップできる「生涯アップデート権 」が設定されていることです。安価にもかかわらず、即戦力として使える付属音源が豊富に揃っているため、DAW初心者や若年層のユーザーが最初のソフトウェアとして使い始める際に購入されることが多いようです。

Reaper

Source: https://www.reaper.fm/

アメリカ・ニューヨークを本拠地とするcockos社が提供している「Reaper」は、MIDIとオーディオ環境がセットになった音楽制作ソフトです。Reaperはあまり知名度が高くないものの、マニアの間では完成度が非常に高いとされ、商用パッケージソフトに負けないくらいの機能を有しています。

本ソフトは初期バージョンでは無料で公開されたほか、最新の有料バージョンであってもライセンス価格が5000~6000円程度だったりと、音楽制作を手軽に始めたい人や、無課金で本格的な曲制作がしたい人まで幅広く使うことができます。

また、Reaperの特徴はWindows/Macハイブリッド対応であること、無料版でも全機能がタダで使えること、そして驚くほどの軽さということが挙げられます。特に軽さに関しては、両OSともに20MB以下と、非常に軽いソフトです。

 

プロも御用達!DAW おすすめソフトウェア

Cubase Pro

Source: https://www.steinberg.net/en/products/cubase/cubase_pro.html

ドイツ発のSteinberg社(現在はヤマハの子会社)が開発した「Cubase Pro」は、MIDIシーケンサ及びDAW機能を兼ね備えた音楽制作ソフトで、レコーディング&ミキシングエンジニア、DJ、ヒップホッププロデューサー、ポップソングライター、映像音楽家など、世界中のトップ音楽クリエーターが愛用しています。

Cubase Proでは複数のトラックを一度に編集できるグループ編集やオーディオイベントをクオンタイズできるオーディオワープ、ボーカルや単音オーディオのピッチやタイミングも自在に操れます。また、業界をリードする圧倒的なサウンドクオリティや直感的な操作性、多くの先進的オーディオ・MIDI機能は、作曲、録音、編集、ミックスなど、音楽制作に欠かせない全ての昨日を網羅しています。

また、本ソフトには80種類にも及ぶオーディオエフェクトが搭載されているほか、外部のハードウェアシンセサイザーやハードウェアエフェクトプロセッサーをVST ミキシング環境に統合することも可能です。そして同ソフトの5.1サラウンド対応は、世界の映画制作現場においても活躍しています。

いかがでしたでしょうか?今までは音楽制作といえば、その分野に秀でた人や、知識が豊富な人しかできないと思われがちでしたが、技術の進化によってソフトウェア化され、モバイルアプリでさえも、最低限の機能性を損なうことなくコンパクト化されるなど、誰でも気軽に音楽制作ができるようになりました。音楽制作技術がどのように進化していくのか、今後の展開から目が離せません。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

宇佐美 海太
宇佐美 海太
1985年東京生まれ。ポルトガル留学後、早稲田大学国際教養学部卒業。
大手製造業の映像プロデューサーとして各種PR動画の企画・プロデュースに従事した後、「日本と海外をつなぎたい」と決意し、株式会社インフォキュービック・ジャパンに入社。現在はマーケティング部のマネジャー として、多数のクライアントの海外向けコミュニケーションデザインを通じ、お客様と世界をつなぐコミュニケーション創造に心血を注ぐ。趣味はプロレス鑑賞。