タイで人気のアプリ“Wongnai”って何?!

Wongnaiて何

Wongnai“ウォンナイ”と読み、Insideという意味。昔のWongnaiは簡単に説明すると「タイのグルメサイト」と言うと一番分かりやすいと思います。

現在Wongnaiはレストラン情報だけではなく美容院、スパ、料理レシピ、ホテル、宿泊施設、観光地などの情報を掲載しています。多くのお店情報や口コミは全国300万人以上の会員から寄せられています。

Wongnai は2010に会社を設立し、設立当時は経営が赤字続きでしたが、2012年から急成長し、2〜3年後にユーザー数万人から数百万人へ増加、レビュー数も増加し、2013年にはリクルートストラテジックパートナーズ(日本のホットペッパーグルメ運用会社)から資金を調達することができました。この資金によりWongnai は新しいサービスの開発とマーケティングに力を入れることが可能となり、その後の大成長へとつながったのです。

そして現在も新たなサービスの提供に挑戦し続けています。

 

なぜWongnaiは成功したのか?

Wongnaiの成長のきっかけは2012年のスマートフォンの普及にあります。 設立当初からスマートフォンのアプリ開発に取り組んでいため、スマートフォンの普及によりあっという間にユーザーを獲得し、多くの人が使うサイトとなりました。タイのApp Storeダウンロード数の10年間トータルランキングで10位に入っていることからも、その人気がわかります。ちなみに、他にランキングしているのは銀行やTV、携帯電話会社のアプリなど実用的なものばかりです。

参照URL:https://appsynth.net/blog/thailands-top-apps/

 

Wongnaiの新サービス

Wongnaiは2017年からLINE MANと手を組み、新たなサービスを始めました。LINE MANとは、タイでLINEが提供している宅配サービスで、フードデリバリーや、荷物の配達、コンビニエンスストアで買い物をして届けてくれるなどのデリバリーに特化したサービスです。そのサービスとWongnaiが組むことで、ユーザーはWongnaiに登録しているレストランの口コミを見ながら料理を注文し、配達してもらえるようになりました。

Wongnaiには200,000以上のレストランデータベースがあり、一方LINEにはタイ人の5,000万人以上のユーザーがいます。それらを提携させ活用することで、さらにユーザー数が増え、Wongnaiは単なるグルメサイトからfood deliveryの業界への参入に成功したのです。

Wongnaiはグルメサイト以外にWongnai Beautyも提供、去年の11月はBlognone(IT情報サイト)と brandinside(ビジネスサイト)を買収しました。

 

Wongnaiのサービス一覧

  • Wongnai Food
    レストラン検索、実際に食べる人の口コミ。
  • Wongnai Beauty
    美容院、スパ検索、実際に利用した人の口コミ。
  • Wongnai Cooking
    家で簡単な料理、メニュー、レシピを検索ができる。
  • Wongnai Delivery
    24時間オンラインで料理を注文できる。※バンコク限定。
  • Wongnai Travel
    観光地の検索、宿泊施設の予約、旅行を計画Wongnaiでできる。
  • Wongnai POS by FoodStory
    レストラン向けのサービス、Wongnai, LINE MAN とSCB Easy この3つのプラットフォームを一つにして提供

現在、Wongnaiはグルメサイトだけではなく、大きく成長しました。そして今やタイの人々の日常生活では欠かせないものになっていると言っても過言ではないでしょう。

SCB Easy はSiam Commercial Bank(タイの銀行)のMobile Bankingサービス。タイでApp Storeダウンロード数の10年間トータルランキング2位

 

おまけ Wongnaiのロゴ

設立当初はグルメサイトであったので、フォークとナイフのマークが入っていますが、今やそれだけではなく多くのサービスを扱っているということで、フォークとナイフのマークがなくなりました!

当初のロゴ

現在のロゴ

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

投稿者プロフィール

アブドゥンロマン 紗利奈
アブドゥンロマン 紗利奈
株株式会社インフォキュービック・ジャパン Digital Marketing Team Consultant。タイと日本のハーフ。タイで育ち現地のプリンスオフソンクラー大学(Prince of Songkla University)で経営学部会計学科を学び、卒業後はタイの日系企業に就職。来日後、インフォキュービック・ジャパンに入社。趣味は園芸。​