台湾発!画期的モバイルアプリケーション5選

中国の東に位置する小さな島国でありながらも経済的に高度な発展を遂げている台湾。現代的な都市、伝統的な中国寺院、温泉リゾートや壮大な山岳地帯などの観光地も充実し、日本からの旅行先としても抜群の人気を誇ります。

そんな台湾は大手PCメーカーとしても知られる「エイスース」や「エイサー」などを世界へと生み出し、ノートPCの生産においては台湾企業が世界シェア9割を突破した時期もあるほどです。最近はスマートフォン関連のモバイル事業が増え、台湾でも様々なモバイルアプリケーションが開発され、リリースされています。

そこで今回は、台湾で生まれ大反響を呼んでいる人気のモバイルアプリで、そのサービスを台湾国内向けと世界規模での展開とに分けてご紹介していきます。

 

台湾初!人気のモバイルアプリケーション 台湾国内編

 

Dcard

Source: https://www.dcard.tw/

大学生向けの掲示板・コミュニティサービスとして不動の人気を獲得したモバイルアプリが「Dcard」。実に台湾全人口の約3分の1がユーザー登録しているほどの人気を誇っています。この割合は、日本で言うTwitterと同じくらいの普及具合ですので、どれほど台湾人の生活に浸透しているかが想像できると思います。

「Dcard」の特徴として、グルメ・健康・運動・映画・音楽などの40種以上のカテゴリがある事はもちろん、そこからさらに大学別になっているため、同じ大学に通う生徒同士の交流の場にもなっています。掲示板では常に最新の情報が更新されているので、大学生の間で流行っているモノやトレンドを簡単に把握できます。

また、掲示板としての機能にとどまらず、1日1枚だけカードを引くことができ、アプリに登録されている他のユーザーとのマッチングが可能になっているなど、Dcardユーザー同士の出会いという要素も盛り込まれています。

台湾国内でこれほど多くのユーザーに愛されているDcardの開発のきっかけについて、創業者でありCEOのYu-Chin Lin氏は、大学という環境で友だちを作る機会がなかなか見つからないという経験から、当初は個人の楽しみの範囲で開発を始めたといいます。個人の楽しみとして作ったものが、今ではたくさんの人々が利用する大人気サービスへと変貌を遂げたのです。

FacebookやInstagramなど数多くのSNSがある中、Dcardが大学生に絶対的な支持を受けている最大の理由は、ユーザーが同じ大学生同士であり年齢が非常に近いことや、同じ環境の人達との出会いや交流ができるという点のようです。

 

YouBike

 

Source: https://ntpc.youbike.com.tw/about/youbike

世界中から観光客やビジネスマンが集まる台湾の首都台北。そんな台北で、台湾が世界に誇る自転車ブランド「GIANT」と台北市の強力なプッシュのもと2008年に生まれ、地元の台湾人から観光客まで人気となっている便利なレンタサイクルサービスが「YouBike」です。

台北では近年、車の台数の増加による交通渋滞や環境問題が深刻化している背景を受け、できるだけMRTを使用し、最寄駅からは自転車に乗って目的地に行こうと呼びかけているのがYouBikeです。もちろん環境への配慮と同時に、運動不足になりがちな現代人の日々のエクササイズとしても人気があります。

サービス開始当初は、信義地区に限定されていましたが、利用者の増加とサービス地域の拡大を求める声を受けて中山区、松山区、大安区、南港区などにもサービスを拡大していき、現在ではすっかり台北市民の足として定着しています。

GIANTが全面協力して運営されているYouBikeで利用できる自転車は全車GIANT製で、ふかふかのサドルやペダルを漕ぐと自動で点灯する後方ランプ、夜間に自動点灯する前方ランプなど、乗りやすさと安全性に定評があります。また、必ずしも借りたところで返さなければならないということはなく、乗り捨てが可能という利便性も高い支持を受けています。

 

台湾初!人気のモバイルアプリケーション 世界規模編

 

17Live

Source: https://17.live/

2015年に台湾でサービスが開始されたLIVE配信&SNSアプリ「17Live」は、もともとは画像や動画を共有するSNSとして生まれました。その後、LIVE配信をスタートしたことで瞬く間に人気に火がつき、若者を中心にユーザー数は右肩上がりに増え続け、台湾国内のライブ配信市場の大部分を占めるモバイルアプリになりました。さらに米国、インドネシア、香港などの無料アプリランキングにおいても上位に入っているほか、国内外合わせて全世界で実に4000万ダウンロードを達成している非常に人気のあるアプリケーションです。

同アプリには写真撮影から動画共有といった機能に加え、「プロフィット・シェアリング」といった制度があります。これは、配信者が一定数のフォロワーを獲得すると、プラットフォームより利益の一部が分配されるというもので、月収1億円を超えるユーザーが出現するなど、話題性に事欠きません。

さらに最近では日本国内でもサービスが開始され、メディアで取り上げられるなど17Liveの認知度が徐々に上がってきています。日本ではユーチューブ上でも動画ブログを頻繁に投稿しているユーザー層がたくさんいることから、このアプリの大ヒットが大いに期待できます。

 

SweetRing

 

Source: https://www.sweetring.com/en_us/

「素敵な彼氏・彼女が見つからない」、「将来に向けて真剣なお付き合いができる相手と出会いたい」そんな悩みを抱えている男女には台湾発の婚活・恋愛アプリ「SweetRing」がオススメです!SweetRingは、アジア圏内を中心に世界20カ国以上で3000万人以上のユーザーを抱え、2016年からは日本でもサービスを開始しています。

このアプリではFacebookとの連携が必要なことや、インスタグラム、電話番号やメールアドレスといった複数の本人認証情報を確認できるため、使用ユーザーの信頼性が担保されていて安全に使える仕組みも人気の理由と言えます。

また、SweetRingは”質問から始める婚活アプリ”として知られており、相手の価値観を知った上でつながる「質問機能」を通じて結婚観についてきくなど、理想的な相手とマッチングすることが可能です。

さらに同アプリの公式サイトでは、実際にアプリを介して世界中でめでたくゴールインしたカップルの数が随時更新され、アプリの信憑性をグッと高める要素になっています。

 

FORTUNE CITY

Source: https://fortunecityapp.com/en/

私達が生活していく上で、お金の流れを管理することはとても大切なことです。収入・支出を記録したり計算していくことで様々なことが見えてきます。しかし機械的に収支の管理を行うことは退屈で、三日坊主で終わってしまうという人も多いのではないでしょうか?

台湾の開発チーム「四合願(Fourdesire)」が開発した「FORTUNE CITY(台湾名:記帳城市-用毎筆収支、建造你的城市)」は、そんな退屈な毎日の収支管理を、ユニークなゲーム方式を加えることで、楽しく行えるようにした会計アプリケーションです。

FORTUNE CITYでは、ユーザーが暮らす場所に沿って異なるニーズを深くリサーチした上で各地に合ったデザインを提供しています。ユーザーは街の市長になって、理想の街を創り上げるために「都市開発」を行っていきます。

このユニークな発想が評価され、台湾や香港、韓国では「最もイノベーティブなアプリ」、インドでは「最も可能性を秘めたアプリ」などのランキングにランクインしたほか、台湾における「Google Play ベストオブ2017」で年間最優秀アプリの一つに選ばれるなど、現在でもアプリストア内で非常に高い評価を受けています。

 

いかがでしたでしょうか。日本や世界で知られているアプリでも、意外と台湾発のアプリだということが知られていないものもあったのではないでしょうか。また台湾国内で広く利用されているアプリは、ユーザーのニーズを見事に掴み、素晴らしいサービスを創り上げています。今後も台湾から生まれる新たなイノベーションから目が離せません。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

矢崎 章裕
矢崎 章裕
株式会社インフォキュービック・ジャパン Social Media Marketing Team Manager
長野県生まれ。同志社大学卒業。大学在学中カナダへ留学しグローバルビジネスについて学んだのをきっかけに「グローバル視点での仕事に携わりたい」と思い、株式会社インフォキュービック・ジャパンに入社。Digital Marketing Teamにて、中小企業から大企業における、国内&国外のクライアントのプロモーションを担当。現在はSocial Media Teamにてサービス立ち上げおよび海外メディア開拓に従事する。趣味は、散歩。