注目を集める中国SNS一覧

中国では近年、SNSが活発に利用されていることはすでにご存知かと思います。特にインスタントメッセンジャー(チャット)の使用率は高く、2017年のデータでは93.3%となっています(中国インターネット情報センター「第41回中国インターネット発展状況統計報告」調べ)。このチャットやWeibo(微博/ウェイボー)などの中国SNSをはじめ、主要なものからマイナーなものまで一覧でご紹介します。

 

中国におけるSNSシェア

中国では昨今、SNSのシェアはどうなっているのでしょうか。猟豹全球智庫という調査企業が実施した2017年の調査によると、簡体字中国語設定のスマートフォンで、週に1回以上利用されている割合である「アクティブ利用率」のトップ3は次の結果となりました。

第1位 WeChat(微信/ウィーチャット)82%
第2位 QQ 36.4%
第3位 Weibo(微博/ウェイボー) 5.9%

これはアクティブ利用率の調査結果になりますが、圧倒的にWeChatの割合が高いことが分かります。

 

中国SNS一覧

中国では近年、WeChatが活発に使われていますが、そのほかにもSNSは複数の種類を使い分けられています。そこで、中国で使用されているSNSを一覧でみていきましょう。

WeChat(微信/ウィーチャット)

WeChatはTencent(騰訊)社によるSNSで、テキスト、音声通話、ビデオ通話、写真共有などを1対1、もしくはグループでチャット通信できるメッセンジャーアプリの一つです。グループチャットは、最大500人まで、ビデオコールは最大9人までをグループ化することができます。

また、日本でいうLINEなどのスタンプのように、ステッカーというアニメも含むスタンプが用意されています。基本的にメッセンジャーアプリですが、モーメンツという写真ストリームが用意されており、TwitterやFacebookなどを思わせるSNSらしさもあります。

その他にもゲームやショッピング、決済なども行うことができます。

QQ

こちらも同じくTencent(騰訊)社によるメッセンジャータイプのSNSです。1999年に提供開始され、WeChatより古株のSNSです。かつては中国国内では最も一般的なメッセンジャーとして、主にPCで使われていました。現在もスマートフォンも含めて使用されていますが、WeChatには及ばずといったところです。

Weibo(微博/ウェイボー)

Weiboには、「新浪微博」「腾讯微薄」をはじめ、さまざまな会社が行っているものがあります。今回は「新浪微博」について解説します。

新浪公司が運営しているWeiboは、「新浪微博(シナウェイボー)」と言われ、微博とは「微」マイクロ「博」ブログを意味します。短い文字数のテキストを投稿するTwitterのようなタイプのSNSです。自分のトップページにタイムラインが作られて、他の投稿に「いいね」をつけたり、リツイートしたりすることができます。WeiboはWeChatと比べて広く情報発信していく場であるといわれます。しかし先ほども述べたように、近年はSNSとしてのシェアがWeChatの方が伸びてきています。

人人網(レンレンワン)

人人網は、千橡互助集団(Oak Pacific Interactive)が運営するSNSで、Facebookに似たイメージのSNSです。当初は大学生が実名登録するSNSでした。そしてFacebookと同様、完全実名登制であり自分の近況などをテキスト、画像、動画投稿によって交流します。

開心網

開心網は、北京开心人信息技术有限公司によるSNSで、こちらもFacebookに似たSNSです。

2008年3月に開設された中国最大級のSNSで、会員数は現在1億2,000万人を超え、特に都市部の比較的裕福な層の間で人気を得ています。

百度吧(tieba

百度贴吧は、百度が提供するSNSで、掲示板形式となっており、キーワード別にスレッドを持って交流します。ユーザーはスレッドに書き込みをすることでレベルが上がります。そのレベルが上がるほどに、自分のスレッドを持つことができます。

豆瓣(douban)

豆瓣という会社による、2005年からあるユーザー参加型コミュニティサイトです。主に、書籍・音楽・映画のレビュー投稿をユーザーがすべて行い、ユーザー同士の交流もあるため、SNSとしての側面があるといえます。

 

まとめ

このように、中国にはさまざまなSNSがあります。WeChatやWeiboしか知らないという方は、他のSNSの特性を押さえて、中国SNSの知見を深めてみるのもいいかもしれません。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

投稿者プロフィール

福崎 菜摘
福崎 菜摘
福崎 菜摘(ふくざき なつみ)
JC Connect株式会社 Webマーケティング/広報

1992年東京生まれ。武蔵大学経済学部を卒業後、中国人観光者の「爆買い」をきっかけに中国マーケティングに興味を持ち、FJ Solutions株式会社に入社。
大手法人営業コンサルを経て、FJ Solutionsの子会社であるJC Connect株式会社のWebマーケティングや広報として奮闘中。
趣味はお酒。