デジタル・マーケティングにおけるブロックチェーン技術

さまざまなビジネスの現場において新しいテクノロジーの登場によって変革が起こると言われています。具体的に想定される変化にはいろいろとありますが、大きく分けると、「カスタマー・エクスペリエンスの強化」「パフォーマンスの改善」「さまざまなインサイトの獲得」と言っていいでしょう。

ここでは、マーケティングにおける新たなテクノロジーの登壇のひとつのトピックとして、AIと並んで取りざたされることの多くなった「ブロックチェーン技術」がもたらす変革についてご紹介していきましょう。

 

1. インテグリティとターゲティング精度の向上

ブロックチェーン技術の登場により、ユーザーのエンゲージメントや広告配信のパフォーマンスはリアルタイムで検証・測定されるようになります。その際、届けられる広告は適切にアイデンティファイされたものかを常に確認され、さらにオプトイン認証の導入によってユーザーの身元もチェックされることになります。悪質なボットは排除され、さまざまなデータがタイムリーに収集され、結果としてネットワークそれ自体のインテグリティが総合的に高められることにつながります。

また、ボットネットやフェイクのプロファイル、トラフィックなど、現状のデジタル・ネットワークに数多く存在している悪質な問題についても、ブロックチェーン技術によって検証の過程が分散化されることで解決策がもたらされ、ユーザー・プロファイルに対する強力な監視も可能に。ネットワーク上でのすべてのインタラクションが検知・検証され、さまざまな情報が可視化されることにもなり、よりパーソナライズされたエクスペリエンスをカスタマーに提供できるようにもなるのです。

 

2. データ資産に対するセキュリティの向上

マーケットの本質は、カスタマーのこまかなインタラクションに関する情報を手に入れることによって成り立つもの。しかしながら、ヨーロッパにおいてEU一般データ保護規則、いわゆるGDPRの批准が進んでいることが示すように、個人情報の取り扱いに厳しい規制を加えていくことはまさにグローバルな潮流のひとつ。そういった潮目の中でカスタマーに関するデータをどのように取り扱っていくのかということについては、ブロックチェーン技術が大きな役割を果たすことが期待されています。

ブロックチェーン技術のメリットは、情報を受け取った側であるブランドにおけるデータ・マネジメントの精度を向上させることにとどまらず、情報を提供するカスタマー側で自らの個人情報を管理できるようになること。そのため、トランザクションに価値交換のコンセプトがもたらされ、アテンション・トークンが導入されるなど、カスタマーがブランドに対してアテンションを向けたこと、さらには個人情報を提供したことに対しての報酬が発生するようになります。

上記の変化は相互補完的でもあり、カスタマー自身はブロックチェーン・プラットフォーム上でトランザクションを積み重ねることで自らのクレジットをより高めていくことができますし、ブランド側にとってはカスタマーのまさに「一挙手一投足」についてのデータを入手することで多数の属性について認識を深め、パーソナライズされた広告を展開できるようになるのです。

 

3. 誠実なブランドという価値の増大

誤解を恐れずに簡略化するとしたら、これまでのブランディングや広告は「あなたの人生を180度変えてあげます」といった、いささか誇大妄想的なコンセプトを掲げてセールスを行ってきたと言っていいでしょう。もちろん、自社のプロダクトやサービスが一流のものであるという自負があるブランドは別ですが、二流のものという自覚があるブランドにおいても、このコンセプトに従って粛々と宣伝活動を行なっているケースは少なくありませんでした。

ところが、ブロックチェーン技術の登場によって様相は一変するでしょう。つまり、ブランドは自らのメッセージに責任を持たなければならなくなるのです。キャッチコピーでうたっているような効果が本当にあるのか、提供しているプロダクトやサービスを成り立たせるために違法的な行為が隠されていないかなど、サステナビリティやコンプライアンスの観点から「真正さ」や「誠実さ」が裏付けられているかをチェックすることが欠かせなくなります。

 

これまでご紹介してきたように、ブロックチェーン技術の本質は分散化された検証にあります。そのため、ちょっとした口コミが大きな力を持つことにもなり、あらゆる角度からブランドの誠実さが試されることになるのです。つまり、社会的に正しいブランドであればより力強い支持を得ることが可能になるということでもあり、翻ってみれば、誠実さや真正さはブランドのアピール・ポイントになるということ。

今後は、これまでのようにフェイクな情報を簡単に流すことはできなくなっていきます。そういった”偽物の”ブランドはブロックチェーン技術によって淘汰され、最終的には”正しい”ブランドだけが生き残れる時代になっていくということです。

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

 

投稿者プロフィール

ジェレミーラウ
ジェレミーラウ
株式会社カーツメディアワークス PR事業部ディレクター

カナダ・アルバータ大学・経済学部卒業後、香港のテレビ局に入社。
テレビコンテンツ制作のノウハウを学び、カーツメディアワークスへ海外PR/デジタルマーケティング担当ディレクターとして合流。