モバイルゲームの台頭で盛り上がるeスポーツ! 世界で注目されるタイトルと今後は?

今までは家庭やネット喫茶ぐらいでしかプレイ出来なかったビデオゲームも、携帯電話やパソコンが本格的に世界各地で浸透してきた今、熱いバトルを繰り広げるスポーツへと変化してきました。

その集合体ともいえる「eスポーツ」は、コンピューターゲームやビデオゲームを使った対戦を繰り広げるスポーツ競技であり、世界全体の競技人口は1億人以上、市場規模は1000億円を超えつつあります。また、2018年にはアジアオリンピックの新種目として正式に認定されるなど、世界的に熱い市場となっています。

そして最近、着実に人気を上げているのが「モバイルeスポーツ」です。これは文字通り、携帯端末上のゲーム=モバイルゲームを対象としたものであり、ユーザー数も非常に多いことが特徴です。

今回はこのモバイルeスポーツにおいて、特に注目を浴びている人気ゲームタイトルをご紹介していきたいと思います!

 

Clash Royale

source: www.clashroyale.com

Clash Royale(クラッシュ・ロワイヤル、通称クラロワ)は、カードゲームとタワーディフェンスを合体させたようなシステムで対戦していくオンラインストラテジーゲームです。本ゲームは実に5,000万人ものアクティブユーザーを誇っている点に加えて、開発元であるSupercell社は2012年、圧倒的人気を誇ったクラッシュ・オブ・クランをリリースしたことでも有名です。

また同社は定期的にClash Royale Leagueと呼ばれるeスポーツ大会を開いており、アジアをはじめとした複数の地域での大会を勝ち進んだチームは、世界大会でナンバー1を目指して競い合います。

高収益だった前作に引き続き、今回も非常に高い人気を誇っているクラロワの今後が楽しみです!

 

Vainglory

source: https://5v5.vainglorygame.com/

eスポーツにおいて特に注目を浴びているサブジャンルの一つ「マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)」。その中でもSuper Evil Megacorp社が開発した「Vainglory」は、初期のモバイル系MOBAの一つとして今なお高い人気を誇っています。

Vaingloryはパソコン系MOBAとして世界的に有名な「League of Legends」や「Dota 2」のゲーム性である「5V5の戦略バトル」を採用しており、サービス開始から5年が経った今もその人気は衰えをみせていません。

北アメリカ、欧州、中国、東南および東アジアを中心にVaingloryの地域リーグを開催しており、これらは世界中の著名チームが参加する高レベルな国際eスポーツ大会「World Electronic Sports Games(WESG)」の一部としてもフィーチャーされています。

Summoners War

source:  https://www.facebook.com/SummonersWarCom2us/

日本国内でも有名な「Summoners War(サマナーズウォー)」は、韓国発のCom2uS社が開発・運営しているモバイル戦略ゲームです。このアプリは世界中のアプリストアで累計9,000万ダウンロードを記録するなど、多くのユーザー数を誇っています。

サマナーズウォーはリアルタイムターン制のバトルRPGとなっており、2017年に開催された世界アリーナ大会では最大で72,000人ものオーディエンスが集まるほどでした。

また最近では、Com2uS社は世界的な有名作品である「スカイランダーズ」とのコラボレーションRPG「スカイランダーズ リング ・オブ・ヒーローズ」をリリースしており、こちらも「サマナーズウォー」同様のターン制ストラテジーを取り入れています。

 

Mobile Legends

source:https://m.mobilelegends.com/en

「Mobile Legends」は、中国のモバイルゲーム会社Moontonが開発した、全世界で3億ダウンロードを突破している注目度No.1を誇るリアル戦略ゲームです。

このアプリはVaingloryをはじめとしたMOBAとよく似た5VS5のゲームモードの為、MOBAのプレイ経験があるユーザーは難なくプレイできるのも魅力の一つです。さらにMobile Legendsには多彩でユニークな性能を持つキャラクターが充実しているほか、外見が変化するスキンもカスタマイズできるなど、やり込み要素が豊富に存在します。

 

Hearthstone

source: https://playhearthstone.com/en-us/

世界中で多くのプレイヤーに親しまれている「Hearthstone(ハースストーン)」は、「StarCraft」や「Warcraft」を世に広めたゲーム会社Blizzard Entertainmentが開発した無料オンライン対戦カードゲームです。

本ゲームは「Warcraft」シリーズと世界観を共有した作品となっていて、プレイヤーは9人のヒーローの中から1名を選択し、相手の体力を0にするゲームです。シンプルでわかりやすく、ゲームデザインもテンポのよさを意識したものとなっているため、とても軽快にゲームを進められるのが特徴です。

ハースストーンはeスポーツの競技タイトルとしても盛り上がりを見せており、小規模なイベントから、高額賞金が懸かった世界大会”まで”様々な規模のイベントが行われています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?eスポーツは今や世界中のゲームファンを大いに盛り上げる一大イベントと変化し、最近ではその他のスポーツ同様にオリンピックの新種目として、正式に認定されるほどまでに成長しました。

各ゲームに共通しているのは、プレイ人口が多いことや戦略性の高さ、そして対戦要素があることなどが挙げられます。このような条件を満たす新たなモバイルゲームが、次のeスポーツ界を席巻することでしょう。今後も様々なジャンルでモバイルゲームが充実し、それらがeスポーツにおける競技タイトルとなっていくことに期待しましょう。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

投稿者プロフィール

宇佐美 海太
宇佐美 海太
1985年東京生まれ。ポルトガル留学後、早稲田大学国際教養学部卒業。
大手製造業の映像プロデューサーとして各種PR動画の企画・プロデュースに従事した後、「日本と海外をつなぎたい」と決意し、株式会社インフォキュービック・ジャパンに入社。現在はマーケティング部のマネジャー として、多数のクライアントの海外向けコミュニケーションデザインを通じ、お客様と世界をつなぐコミュニケーション創造に心血を注ぐ。趣味はプロレス鑑賞。