失敗事例から探る!中国SNSマーケティングの成功ポイント

 

中国SNSマーケティングにおいては日本でのマーケティングに精通している企業ほど、中国と日本で取り組む上での違いをよく認識して施策を実施することが肝心です。その成功ポイントを、失敗事例から探ってみましょう。

 

中国SNSマーケティングの失敗事例

日本企業が中国のSNSマーケティングを実施して、思うように成果が出ないことがあります。狙った商品がなかなか売れなかったり、反対に予想もしていなかった商品が売れたりするなどです。そんな中国SNSマーケティングのよくある失敗事例をご紹介します。

KOL起用で拡散したが売上につながらなかった

KOLとは、有名人やファンの多いブロガーなどといった、自身のブログやSNS、メディアへ露出することにより大きな影響力を持つキーパーソンのことを指します。このKOLに露出を依頼してSNS上で拡散したものの、なぜか売上につながらなかったという事例があります。

KOL起用で拡散したが短期間の効果しかなく費用対効果が低かった

KOLを起用して拡散したものの一時的な効果に留まってしまい、費用に応じた売上が得られなかったケースです。

日本と同じ考えのもと臨んだがまったく売れなかった

日本で成功した、売れたなどのターゲット層を中心に、中国でも同じような施策を打ったものの、なぜか成果が出なかったというケースです。

 

2.中国SNSマーケティング失敗の原因と対策

上に挙げた3つの失敗の主な原因と対策を解説します。

KOL起用で拡散したが売上につながらなかった

▼主な原因
・KOLのファン、フォロワー層がターゲット層から外れていた
・ターゲットのライフスタイルや好みのリサーチ・知識不足

▼対策
KOLにも得意なジャンルというものがあります。美容に特化したKOL、その他にも飲食やアニメなど様々ですので、もちろんそのKOLのファン、フォロワーの層も異なります。ターゲットをしている層と、KOLのフォロワー層が一致しているかが、KOL選定の際に重要となります。
そもそもターゲット設定の誤りが原因と考えられる場合は、認知拡大だけでなくターゲットに確実に届けることや、ターゲットに沿った購買につながるコンテンツづくりが必要になります。
また知識不足については、頼れるパートナー企業から知見を得るというのも有効な方法です。

KOL起用で拡散したが短期間の効果しかなく費用対効果が低かった

▼主な原因
KOL起用の際に中間マージンがかさんでしまった

▼対策
中国のKOLを起用する場合、日本企業はまず日本の広告代理店に依頼し、さらに中国現地の広告代理店へと依頼するのが一般的です。日本と中国の広告代理店の間に、さらに橋渡し役が1社入ることもあります。そして中国の広告代理店から中国のプロダクションへと話がいくという流れです。それぞれに対して中間マージンが発生してしまうため、自ずとコスト高になります。できるだけ中間業者を減らし、KOLを起用する必要があります。

日本と同じ考えのもと臨んだが、まったく売れなかった

▼主な原因
・日本で成功している企業ほど、勝手が違う中国でも同じように実施してしまうことで失敗しやすい
・中国の国民性を知らない
・中国消費者の情報収集方法を知らない

▼対策
中国では誰の情報に信頼を寄せるのか、そしてネット規制などをとらえた情報収集の方法を熟知してマーケティングを実施していくことが必要です。ここでも中国マーケティングを熟知したパートナーが頼りになるでしょう。

 

中国SNSマーケティング成功ポイント

これらの失敗から得られる成功ポイントとして、以下が重要となります。

ターゲット選定とインサイトの深掘り

ターゲット選定の重要性は、日本でも中国でも変わりません。中国の国民性を理解し、情報収集ツールを駆使することでターゲットとなる中国人ユーザーのインサイトを深掘りしていきましょう。継続的に施策を打ち、ターゲットへの認知拡大を確実に行っていくことがポイントといえます。

中国に通じたパートナー選び

日本とはどこが異なるのかを端的に解説し、自社が何をすれば売上が上がるのか、等を教えてくれる優れたパートナー選びも重要です。

 

まとめ

中国SNSマーケティングにはすでに多くの日本企業が取り組んでいます。事前に情報収集をしっかりと行い、頼れる成功事例の多いパートナーに依頼したり、地道に施策を実施していくことが成果を出すポイントといえます。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

福崎 菜摘
福崎 菜摘
福崎 菜摘(ふくざき なつみ)
JC Connect株式会社 Webマーケティング/広報

1992年東京生まれ。武蔵大学経済学部を卒業後、中国人観光者の「爆買い」をきっかけに中国マーケティングに興味を持ち、FJ Solutions株式会社に入社。
大手法人営業コンサルを経て、FJ Solutionsの子会社であるJC Connect株式会社のWebマーケティングや広報として奮闘中。
趣味はお酒。