アメリカで人気のインフルエンサー・マーケティングプラットフォーム10選

近年、多くの企業の主力戦略になりつつある「インフルエンサー・マーケティング」は、企業が直接消費者に対してアプローチする従来型のマーケティングと比較して、効果的に商品やブランドに対する認知や購買意欲の向上を実現することができる手法として急速に浸透してきています。しかし効果的でありながらも、新たなマーケティング手法であるがゆえに、「初めの一歩」を踏み出すことのできない企業や、いざ始めてみたものの、インフルエンサーの見つけ方からやり取り、キャンペーンを進め方などで苦戦し、その効果を最大限に生かしきれていない企業が多く見られます。

複雑なステップをいくつも踏まなくてはならないインフルエンサー・マーケティングですが、すでに構築されている「プラットフォーム」を利用することで、数々の手続きを省略しつつ、最大限の成果を生み出すことが可能です。「インフルエンサー・マーケティングプラットフォーム」は基本的に、インフルエンサーのサーチ、インフルエンサーと企業間の関係性のマネジメント、キャンベーンの管理、キャンペーンの分析、そして支払いに関することまで、すべてを網羅しているものがほとんどです。

本稿では、インフルエンサー・マーケティングの中心地ともいえるアメリカにて人気を博するインフルエンサー・マーケティングプラットフォーム10選を紹介したいと思います。

 

1. ASPIREIQ

Image Source: https://www.aspireiq.com/

サンフランシスコを拠点とする「ASPIREIQ(旧Revfluence:2018年9月18日に名称を変更)」は、市場の要求にいつでも応えられるようにと、インフルエンサーの質を常に最高の状態に保つことに力を注いでいます。インフルエンサーが自らを登録するためには、審査を通過する必要があるので、常に優れたインフルエンサーのみが在籍しています。また、企業とインフルエンサーのマッチングに力を入れており、「クイックマッチ」機能を利用することで、条件に合ったインフルエンサーを容易に見つけ出すことができます。

 

2. Tagger Media

Image Source: https://www.taggermedia.com/

サンタモニカを拠点とする「Tagger Media」は、 Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeを対象としてサービスを展開しているインフルエンサー・マーケティングプラットフォームです。多くのプラットホームがデータに重点を置き運営している一方で、Tagger Mediaは、企業とインフルエンサーがどのようなことに興味を持ち、どの程度の類似性があるかといった、数値的データを超えた「生」の情報を大切にしています。これにより、企業の要求に、真にマッチするインフルエンサーを探し出すことが可能です。

 

3. NeoReach

Image Source: https://neoreach.com/

カルフォルニアを拠点とする「NeoReach」は、FacebookやTwitter、Instagram、YouTube、Pinterest、そして若者に人気のSnapchatを対象としてサービスを展開しているインフルエンサー・マーケティングプラットフォームです。インフルエンサー・マーケティングを成功させるためには、豊富なデータから導かれる成功への道筋が重要だという考えのもと、300万人以上のインフルエンサーデータを管理している巨大プラットフォームです。様々な条件を組み合わせた検索が可能で、企業に最も合うインフルエンサーを探し出すことに定評があります。

 

4. Mavrck

Image Source: https://www.mavrck.co/

ボストンに本社を置く「Mavrck」 は、Facebook、Instagram、Twitter、Pinterest、およびブログを対象としてサービスを展開しているインフルエンサー・マーケティングプラットフォームです。ウェブサイトでは、他のインフルエンサー・マーケティング系プラットフォームとの違いを表にして示しており、多くの点で既存のプラットフォームよりも優れていることをアピールしています。Mavrckのデータベースには、1000万人以上のマイクロインフルエンサーが含まれており、潜在能力の高いプラットフォームと言えるでしょう。

 

5. Traackr

Image Source: http://www.traackr.com/

サンフランシスコを拠点とする「Traackr」は、2008年に創業した由緒あるプラットフォームです。Traackrは、企業とインフルエンサーとの関係性を大切にしており、インフルエンサーの検索に重きを置いています。また、特定のインフルエンサーグループと長期的な関係を築き、管理するプロセスである「インフルエンサーリレーションシップマネジメント」を企業の特色の一つとしており、継続したマーケティングをサポートすることに定評があります。

 

6. Upfluence

Image Source: https://upfluence.com/

ニューヨークに拠点を置く「Upfluence」は、FacebookやTwitter、Instagram、Youtube、Pinterest、そしてブログを対象としてサービスを提供しているインフルエンサー・マーケティングプラットフォームです。120万人を超える膨大なインフルエンサーのデータベースが人気の秘訣です。インフルエンサーの検索については、20以上のフィルターが使用可能で、企業に適したインフルエンサーを見つけ出すことに定評があります。比較的安価な価格で利用できることも人気の理由の一つです。

 

7. Ivvi

Image Source: http://influencerstrategies.com/home/

ニューヨークとロサンゼルスを拠点にしている「Ivvi」は、主にyoutubeを対象としてサービスを展開しています。Ivviは、他のプラットフォームとは異なる独特の方法でインフルエンサーのサーチを行います。他のプラットフォームが、膨大なデータベースの中から検索機能を使って検索を行う一方で、Ivviは企業の興味に応じたインフルエンサーを抽出し、彼らの主要動画とともに企業に紹介します。それらの候補者の中から、企業は要求に合うインフルエンサーを決定することができます。

 

8. Tapinfluence

Image Source: https://www.tapinfluence.com/

カルフォルニアに拠点を置く「Tapinfluence」はFacebook、Twitter、Instagram、YouTube、Pinterest、およびブログを対象としています。複雑で大規模なキャンペーンでも、効率的にトラッキング、マネジメントを行うことのできるキャンペーンマネジメントツールが最大の強みで、大企業のキャンペーンを得意としています。ウェブサイトでは、高いROI(投資対効果)を生み出してきた経験と実績が紹介されています。

 

9. Klear

Image Source: https://klear.com/

ニューヨークに拠点を置く「Klear」は、以前はTwitterのみに焦点を絞り運営していましたが、その後、InstagramとFacebookも取り入れました。優秀な分析能力を有するプラットフォームで、企業に最も優れたインフルエンサーを導くことに優れています。

 

10. Sideqik

Image Source: https://www.sideqik.com/

アトランタに拠点を置く「Sideqik」は、ゲーム、e-sports、スポーツ用品、ライフスタイル、エンターテイメントなどのブラントに焦点を当てたインフルエンサーマーケティングプラットフォームです。「Sideqik」は、企業が売り出したい製品に類似した製品の促進キャンペーンに成功したインフルエンサーを選び出し、企業に推薦します。企業は、過去の実績を確認しながら、インフルエンサーを決定することができます。

 

いかがでしたか?これらのインフルエンサー・マーケティングプラットフォームは、アメリカだけではなく、世界的に有名であり、世界各国で利用されています。グロマでは、過去に様々な国で人気のインフルエンサー・マーケティングプラットフォームの紹介を行っておりますので、ぜひそちらもご参照ください。

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

投稿者プロフィール

村上 崇
村上 崇
村上 崇(むらかみ たかし) 株式会社カーツメディアワークス 代表取締役/CEO

国立津山高専電子制御科にてロボットエ学を専攻。
報道番組のディレクターとして数々の事件、政治、トレンド情報などのリサーチから取材、リポート、編集まで幅広く手がけ、情報収集と情報発信の礎を築く。
その後、PRコンサルティングファームにて東証一部上場企業、グローバル企業などのブランディング及びクロスメディア戦略コンサルティングを手がけ独立。
コンテンツマーケティングおよび戦略PRを中心とした株式会社カーツメディアワークスを設立。