中国SNSのWeChatとQQの違いとは?

中国SNSの中でも、WeChatとQQは特に高いアクティブ数を誇ります。この二つの中国SNSは、一見似ているようですが実際は様々な部分で異なることから、中国人ユーザーの使い方も自ずと変わってきます。この二つのアプリにはどのような違いがあるのでしょうか。探っていきましょう。

 

WeChatとQQの基本的な違い

WeChatとQQは、どちらもテンセント(騰訊)が提供しているインスタントメッセンジャーSNSです。しかしそれぞれ異なる特徴を持っています。その基本的な違いを確認しておきましょう。

サービス提供開始年月の違い

まずはサービス提供期間についてですが、WeChatは2011年から、QQは1999年からサービスが提供されています。QQは老舗SNSともいわれています。多くの中国人たちはかつてQQを利用していましたが、WeChatがリリースされてからQQのアカウントは残したまま、主にWeChatを日常で使うようになったというのが一般的です。

月間アクティブユーザー数の違い

テンセントが2019年1月9日に発表した、2018年9月までのデータによると、WeChatの月間アクティブユーザーは10.82億人であった一方、QQは8.03億人でした。どちらも決して少なくない数値ですが、WeChatのほうが2億人も多く利用されていることがわかります。

機能の多様さの違い

機能面の多様さから見ると、QQは特に多くの機能が付いています。

基本的にWeChatもQQも、メッセージの送受信や音声通話、ビデオ通話などが可能でメッセンジャーツールとしての機能を果たしています。

また両方ともSNSとしても利用できます。WeChatには「モーメンツ」という機能があり、写真やテキスト、気になるWebサイトの共有などが手軽にできます。
QQには「QQ空間」というSNS機能があり、Facebookのように自分の部屋のようなものを作り、そこでテキストや写真などを投稿して共有するなどして交流をすることができます。

そのような中QQには、コミュニケーションやQQそのものを利用しながら楽しめる多様な機能が多くあります。例えば「QQスキン」という機能では、自分のQQのインターフェースを好きなように変更するためのスキン設定をしたり、プロフィール、画像アイコン、トークルームの背景画像が変更できたりするなど、自由なアレンジで楽しむことができます。また「QQ秀」というアバターや、オンラインゲームなども楽しめます。

利用のされ方の違い

QQは、PCが主流だった時代に多く使われていたSNSでしたがスマートフォン旺盛時代になると、ユーザーはWeChatをスマートフォンで大いに利用するようになりました。その点からいえばWeChatのほうがスマートフォンで身近に利用されていることにより、日常生活に根付いているSNSといわれます。

決済機能の違い

WeChatとQQには、どちらにも決済機能があり、WeChatは「WeChat Pay(微信支付)」、QQには「QQ Wallet(QQ銭包)」があります。どちらもスマートフォンで決済が可能です。

中国モバイル決済市場においては、WeChat Pay(微信支付)とアリババの「Alipay(支付宝)」が2強といわれており、QQ Walletはこの2つには及びません。

とはいえ、QQ Walletの利用者も3億人以上といわれており、決して少ないものではないため訪日中国人向けにQQ Wallet決済を導入する日本企業も存在しています。

QQのマーケティング活用例

WeChatについては今、多くの日本企業でマーケティング・販促利用がされていることから、事例は比較的簡単に見つけることができます。

一方で、QQをどう中国SNSマーケティングに活かしていくか、ということについてはなかなか想像がつかないかもしれません。そこでQQの活用事例について確認しておきましょう。

QQにおいては、例えばQQ空間でフィード広告を配信する手法があります。Facebook広告のように、ユーザーが作るコンテンツと同様の形式で配信されることから、より自然な形でユーザーへアプローチすることができます。

また、「QQお出かけ日本」という訪日中国人向けに旅行情報を配信する機能がテンセントと日本企業が共同で開発し、そこでは日本の観光情報として飲食店や買い物スポットが提供されています。日本企業・店舗側はそうした機能を利用してQQから効果的にユーザーへ情報展開することができます。

 

まとめ

WeChatとQQは似て非なるものであるものの、両者とも利用率の高いSNSといえます。両方を押さえてマーケティングに活用していくことが有効と考えられます。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

福崎 菜摘
福崎 菜摘
福崎 菜摘(ふくざき なつみ)
JC Connect株式会社 Webマーケティング/広報

1992年東京生まれ。武蔵大学経済学部を卒業後、中国人観光者の「爆買い」をきっかけに中国マーケティングに興味を持ち、FJ Solutions株式会社に入社。
大手法人営業コンサルを経て、FJ Solutionsの子会社であるJC Connect株式会社のWebマーケティングや広報として奮闘中。
趣味はお酒。