2027年に世界最大人口?!インドのニュース系メディア10選

国連の調査によると、現在インドには、約13億9000万人の人々が住んでおり、中国の約14億4000万人についで世界2位の人口を有しています。2027年には中国を追い抜き、世界第1位の人口を有する国になるだろうと試算されており、インドは現在、世界から大きな注目を集めています。世界を舞台に活躍している方の中には、インドの最新情報をぜひ手に入れたいという人も多いことでしょう。そこで本記事では、インドで人気のニュース系メディア10選を紹介します。

 

1. DD news

http://ddnews.gov.in/

「DD news」は、インドの国営テレビ・ラジオ会社である「DD india」によって運営されているニュースサイトです。国民からの徴収は行わず、国からの補助金によって運営されています。言語は基本的に英語とヒンディー語が使用されていますが、ウルドゥー語やサンスクリット語で読める記事も少しずつ増えてきています。インド国内のニュースおよび世界の最新ニュースを中心に発信していますが、世界のニュースについては、インド国民にとって重要であろうニュースを厳選して公開しています。また、DD news Live(7×24)では、テレビで放送された最新ニュースをいつでも視聴することができます。

 

2. The Times of India

https://timesofindia.indiatimes.com/

「The Times of India」は、インド最大のデジタルプロダクト会社Times Internetが運営する、インドの日刊新聞です。初版が1838年に発行されたのち、幾度もの買収を経て、現在ではインドの主要新聞としての地位を獲得しています。インドの日常のニュースを市民に毎日確実に届けることを使命と考えており、日刊紙やウェブサイトにて、様々なジャンルのニュースを配信しています。ツイッターおよびフェイスブックのフォロワー数は共に1000万人を超えており、インド国民から愛されているニュース系メディアの1つです。

 

3. NDTV

https://www.ndtv.com/

「NDTV(New Delhi Television Limited)」は、1988年に設立されたインドのテレビ放映を中心に扱うニュースメディアです。ニュースを24時間英語で放送するNDTV 24×7や、24時間ヒンディー語で放映するNDTV indiaは、世界でも有名な24時間チャンネルです。また、ウェブサイトでは、テレビメディアの特徴を生かし、常に最新のニュースを得ることのできるLive newsをフィーチャーしています。The Times of India同様、すべてのジャンルを網羅したインドの人気ニュース系メディアの1つです。

 

4.Daily O

https://www.dailyo.in

「Daily O」は、最近のニュースを紹介する英語の週刊誌「India Today」が運営するニュース関連のウェブサイトです。「India Today」は、2017年にインド国内で最もよく読まれた週刊誌に選ばれており、単に情報を提供するだけでなく、ライターのオピニオンや社説が積極的に投稿されているのも特徴です。対応言語は、英語とバングラデシュ語で、インド国内および周辺地域の政治ニュースが非常に多く掲載されています。インド国内および周辺地域の政治に興味がある人に人気のニュース系メディアです。

 

5. India today

https://www.indiatoday.in/

「India today」は、2003年に設立されたインドのテレビチャンネルで、24時間英語でインドのニュース等を発信しています。ウェブサイトでは、映画やテック、スポーツ、トレンドなど、一般市民が気軽に情報を楽しめるようなジャンルが中心に紹介されています。また、テレビチャンネルの特徴を生かし、ニュースが動画で視聴できるようになっています。androidおよびiPhone用のアプリも準備されており、インド国民が気軽に情報にアクセスできるように工夫されています。

 

6. The Indian EXPRESS

https://indianexpress.com/

「The Indian EXPRESS」は、インドの日刊新聞で、インド北部地域に住む人々を中心に購読されています。以前は、「Indian EXPRESS」としてインド全域を対象としていましたが、1991年に2つのグループに分かれ、1999年に、北部版の「The Indian EXPRESS」と南部版の「The New Indian EXPRESS」と名称を変更しました。「The Indian EXPRESS」のウェブサイトでは、デリーやムンバイ、バンガロールなど、インドの主要都市における最新ニュースをカテゴリー別に紹介しているところに特徴があります。また、オピニオンとして、様々な人物の社会に対する意見が掲載されています。また周辺地域の紛争問題についても積極的に情報発信しています。

 

7. The New Indian EXPRESS

http://www.newindianexpress.com/

「The New Indian EXPRESS」は、インドの日刊新聞で、インド南部地域に住む人々を中心に購読されています。この記事で既に紹介した、「The Indian EXPRESS」とは、別の会社として運営されています。インド国内および海外のニュースも扱っていますが、特にインド南部の州、および都市別のニュースが充実しています。また、読者をうれしい気持ちにされるような記事のみで構成された「Good news」のカテゴリーが設けられていることも特徴の1つです。インド南部に住む人々に人気のニュース系メディアです。

 

8. THE HINDU

https://www.thehindu.com/

「THE HINDU」は、チェンナイに本部を置くインドの日刊新聞です。1878年に週刊新聞として発行が開始されたのち、1889年に日刊新聞となりました。また、1995年からオンライン版を開始しており、インドで最も早い時期にオンライン新聞を開始した会社としても知られています。「THE HINDU」は、世界のニュースよりも国内ニュースもしくは近隣地域のニュースを重点的に発信しており、各州や都市ごとの情報が頻繁にアップデートされています。また、政治や選挙、それらに関連した著名人のオピニオンが多く掲載されているのも特徴です。

 

9.CNN news 18

https://www.news18.com/

「TV18」は、インドの主要テレビネットワークの1つですが、世界的に有名な「CNN international」とのパートナーシップの下で作ったテレビメディアが「CNN news 18」です。そのため、国内のニュースは当然のこと、海外のニュースにも強いのが特徴です。また、ウェブサイトは「News18」として運営されており、英語やヒンディー語だけでなく、ベンガル語やグジャラート語などを含む10以上の言語で閲覧可能なことも特徴の1つです。

 

10. Business Standard

https://www.business-standard.com/promo-banner

「Business Standard」は、ビジネス情報に焦点を当てたニュースメディアです。ウェブサイトでは、最新のマーケット、企業、テック、株式情報などが紹介されています。特にインドに関連した企業のマーケット情報やファイナンス情報が豊富に掲載されています。マーケティングに携わるビジネスマンに人気のニュース系メディアです。

 

終わりに

いかがでしたか。インドのニュース系メディアは、他の国のニュースメディアと比べて、オピニオン記事が非常に多く掲載されているように感じました。今後、インドが世界的に強い影響力を持つようになるにつれて、これらのオピニオン記事がより大きな意味を持つようになるかもしれません。今後のインドのニュース系メディアの動きにも注目したいところです。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

 

投稿者プロフィール

ジェレミーラウ
ジェレミーラウ
株式会社カーツメディアワークス PR事業部ディレクター

カナダ・アルバータ大学・経済学部卒業後、香港のテレビ局に入社。
テレビコンテンツ制作のノウハウを学び、カーツメディアワークスへ海外PR/デジタルマーケティング担当ディレクターとして合流。