PS4 注目の人気ゲームタイトル:2018年版

日本が誇るゲームを数多く輩出してきたソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、2019年4月に、2018年度の連結業績を発表しました。営業利益は8942億円の前年度比22%増、純利益は9163億円の前年度比87%増と、絶好調を維持しています。その好調を支えているのが、PS4のゲームソフト売上です。PS4のハードウェアの売上自体は減少に転じましたが、ゲームデベロッパーが開発する最先端のゲームソフトの売上は好調で、この流れは、2019年度も続くと考えられています。そこで本記事では、2018年にPlayStation4で発売された人気ゲームタイトルを紹介するとともに、現在全世界で人気を博しているPS4ゲームタイトル10選を紹介します。

1.PS4ゲームタイトルパッケージ版

1.モンスターハンター:ワールド

  【デベロッパー】カプコン 【ゲームジャンル】ハンティングアクション

2.ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島

  【デベロッパー】スクウェア・エニックス 【ゲームジャンル】ブロックメイクRPG

3.バトルフィールドV

  【デベロッパー】エレクトロニック・アーツ 【ゲームジャンル】ミリタリーFPS

4.コール オブ デューティ ブラックオプス 4

  【デベロッパー】SIE 【ゲームジャンル】FPS

5.Fallout 76

  【デベロッパー】ベセスダ・ソフトワークス 【ゲームジャンル】アクションRPG

6.Marvel’s Spider-Man

  【デベロッパー】SIE 【ゲームジャンル】アクションアドベンチャー

7.レッド・デッド・リデンプション2

  【デベロッパー】ロックスター・ゲームス 【ゲームジャンル】クライムアクション

8.ウイニングイレブン 2019

  【デベロッパー】コナミ 【ゲームジャンル】サッカー

9.実況パワフルプロ野球2018

  【デベロッパー】コナミ 【ゲームジャンル】野球・育成

10.シティーズ:スカイライン PlayStation 4 Edition

  【デベロッパー】スパイク・チュンソフト 【ゲームジャンル】都市開発シミュレーション

※ランキングは、PSソフトランキング(Playstation ソフト全集 PS4)を参考にしています。

 

2.PS4ゲームタイトル ダウンロード版

1.World of Tanks: Mercenaries(ワールドオブタンクス)

  【デベロッパー】Wargaming.net 【ゲームジャンル】オンラインTPS

2.The Incredible Adventures of Van Helsing II

  【デベロッパー】NeocoreGames 【ゲームジャンル】アクションRPG

3.The Inpatient -闇の病棟-

  【デベロッパー】SIE 【ゲームジャンル】VRホラーアドベンチャー

4.アイコノクラスツ

  【デベロッパー】Dangen Entertainment 【ゲームジャンル】アクションアドベンチャー

5.Leap of Fate(リープオブフェイト)

  【デベロッパー】クロスファンクション 【ゲームジャンル】ローグライクアクション

6.Firewatch

  【デベロッパー】Campo Santo 【ゲームジャンル】ミステリーアドベンチャー

7.AER – Memories of Old

  【デベロッパー】Daedalic Entertainment 【ゲームジャンル】パズルアドベンチャー

8.フォールンレギオン

  【デベロッパー】アークシステムワークス 【ゲームジャンル】戦略アクションRPG

9.ABZÛ

  【デベロッパー】505 Games 【ゲームジャンル】ダイビングアドベンチャー

10.ゴースト刑事 日照荘殺人事件

  【デベロッパー】SIE 【ゲームジャンル】パラレルVRドラマ

※ランキングは、PSソフトランキング(Playstation ソフト全集 PS4)を参考にしています。

 

3.世界で注目を集めているゲームソフト10選

2018年に発売されたゲームタイトルの中で、世界のゲーム攻略サイトから高い評価を獲得した10作品について紹介します。

※以下の【海外ゲームサイトによる評価】は、世界の様々なゲーム攻略サイトが行ったゲーム評価の総合値を示している、ゲームレビュー総合サイト「metacritic」のデータを利用しています。

 

1.RED DEAD REDEMPTION 2

【デベロッパー】Rockstar Games 【ゲームジャンル】アクションアドベンチャー

【発売日】2018年10月26日 【海外ゲームサイトによる評価】97点

「RED DEAD REDEMPTION 2」は、「Grand Theft Auto」シリーズを抱えるアメリカのRockstar Gamesより発売された、オープンワールド型クライムアクションゲーム「RED DEAD」シリーズの第3作目です。前作「RED DEAD REDEMPTION」は、西部劇映画の世界を再現したリアルなグラフィック、ハードなストーリー、スリリングなガンアクションが高く評価され、いまでも伝説のゲームとして名を残しています。

今作は、実に8年ぶりとなる正式ナンバリングタイトルで、全世界のファンたちが発売を待ち焦がれていました。前作のその後を舞台に、1899年のアメリカ開拓時代の世界を再現した魅力的なストーリーに、さらに進化したグラフィック、またオンライン対戦システムの充実ぶりが期待を集め、発売日となる2018年10月26日には、多くのアメリカ人がプレイするために会社を休むという社会現象を引き起こしました。プレイステーションネットワークにおいて、発売初日売上の歴代1位を記録した、全世界で大人気のゲームソフトです。海外ゲームサイトの評価でも、他のゲームを圧倒する97点を獲得。発売からしばらくたった今でも、人気は落ちていません。

 

2.GOD OF WAR

【デベロッパー】SCE Santa Monica 【ゲームジャンル】アクションアドベンチャー

【発売日】2018年4月20日 【海外ゲームサイトによる評価】94点

「GOD OF WAR」は、アメリカに拠点を置くSCEによって開発されたアクションアドベンチャーゲームです。過去に人気を博したGOD OF WARシリーズの物語は「GOD OF WARⅢ」で一つの区切りがついたため、本作は、過去の作品の世界観を残しながらも、一新されたストーリーとゲームシステムで開発されました。

前シリーズでギリシャ神話の神々を相手に、復讐を果たした主人公クレイトスですが、今回は、舞台を北欧神話に移します。ストーリーは、妻を失くしたクレイトスが、妻との約束を守るために息子のアトレウスとともに旅立ち、再び多くの苦難を乗り越えていくというもの。マップやキャラクターの繊細な描写と迫力のある戦闘シーンは、昨今のゲームの中でも最高峰といえるでしょう。海外ゲームサイトの評価では、さらに魅力的になったストーリーや壮大な世界観、深みを増したアクション性などが評価され94点を獲得しました。

 

3.Divinity: Original Sin II – Definitive Edition

【デベロッパー】Larian Studios Games Ltd 【ゲームジャンル】ロールプレイング

【発売日】2019年8月31日 【海外ゲームサイトによる評価】92点

「Divinity: Original Sin II – Definitive Edition」は、ベルギーのLarian Studios Games Ltdによって開発された、見おろし型のロールプレイングゲームです。5つの種族(人間、エルフ、ドワーフ、リザードおよびアンデッド)から1種族を選び、それぞれの種族のストーリーを楽しむことができます。

ゲームに登場するすべてのNPCとの会話を楽しむことができますが、それらのNPCを殺害し、自分だけのストーリーを作り出すことすら可能な自由度が特徴です。また、最大4人までの協力プレイが可能で、刻々と変わる種族間の勢力図によっては、仲間と対立しなければならない場合もあります。海外ゲームサイトの評価では、プレイする度に変わるストーリーの面白さと、入念に作りこまれたゲームバランスや戦闘システムが大いに評価され、92点を獲得しました。

 

4.Shadow of the Colossus

【デベロッパー】Sony Interactive Entertainment Inc. 【ゲームジャンル】アクションアドベンチャー

【発売日】2019年2月6日 【海外ゲームサイトによる評価】91点

「SHADOW OF THE COLOSSUS」は、Sony Interactive Entertainmentの日本チームによって開発されたアクションアドベンチャーです。2005年に『ワンダと巨像』という名前でPS2で発売され、独特の哀愁ただようストーリーと、多様な巨像によじ登っていくスリリングなアクションが国内外で高評価を獲得しました。その後、PS3でリメイクされ、今作は2度目のリメイクとなります。

今作は最先端のグラフィックテクノロジーが取り入れられ、巨像がさらにリアルに表現されて甦りました。主人公が何十倍もの大きさの巨像に対し果敢に立ち向かう姿は、ゲーマーを熱くさせること間違いありません。海外ゲームサイトの評価では、当ゲームの最大のポイントである巨像の迫力がPS4でさらに増したこと、まったく大きさの異なる巨像に立ち向かうというゲームの設定そのものの面白さが大いに評価され、91点を獲得しました。

 

5.Celeste

【デベロッパー】Matt Makes Games Inc. 【ゲームジャンル】アクション

【発売日】2018年1月25日 【海外ゲームサイトによる評価】91点

Nintendo Switchの記事でもランクインしたCELESTEが、PS4でもランクインしました。カナダのインディーズゲームスタジオ「Matt Makes Games」が開発したアクション・アドベンチャーゲームです。日本国内での知名度はまだまだ高くないものの、シンプルながらも優れたストーリーとゲームデザインにより、高い評価を獲得しています。海外ゲームサイトの評価では、ゲームの難易度とレベル設定の絶妙さ、リトライの早さやコンティニューポイントの数などのプレイアビリティが高く評価され91点を獲得しました。

 

6.Monster Hunter: World

【デベロッパー】Capcom 【ゲームジャンル】アクション、ロールプレイング

【発売日】2018年1月26日 【海外ゲームサイトによる評価】90点

大阪に本社を置くCapcomが開発した「MONSTER HUNTER WORLD」がランクイン。2019年6月30日時点で、世界出荷本数は1310万本と言われており、カプコンのゲームタイトルの最高出荷記録を更新中です。主人公は、新大陸調査団の一員として、未知のモンスターの調査とハントを行いつつ、新たな土地の開拓を目指します。

今作では、「MONSTER HUNTER」シリーズのハイレベルなアクション性はそのままに、PS4が可能にする優れたグラフィックと、新たに磨きこまれた操作性を取入れ、マンネリ気味だった過去作品から圧倒的な進化を遂げました。「MONSTER HUNTER」シリーズの核となる広大なフィールドを駆け回りつつ、巨大なモンスターたちと戦い、収集したアイテムでキャラクターを強化していく奥深さは健在で、さらにPS4が可能にした優れたゲーム体験が評価され、海外ゲームサイトの評価では90点を獲得しました。

 

7.Astro Bot: Rescue Mission

【デベロッパー】Sony Interactive Entertainment Inc. 【ゲームジャンル】アクションアドベンチャー

【発売日】2018年10月2日 【海外ゲームサイトによる評価】90点

「ASTRO BOT」は、Sony Interactive Entertainmentの日本チームによって開発されたアクションアドベンチャーで、プレイステーションVRに対応したゲームとして注目を集めました。キャプテンBOTのASTROを操作し、宇宙に散らばる仲間の乗組員たちを救い出します。

PS VR(プレイステーションバーチャルリアリティシステム)を搭載した最先端のゲームとしても知られており、ゲーマーが専用端末を装着してプレイすることで、より迫力ある映像、また多様な視点からゲームが楽しめるようになっています。海外ゲームサイトの評価では、ゲームの内容もさることながら、新しい技術であるVRをゲームに適用させたことに対する評価と、今後への期待が込められ90点という高い評価を獲得しました。

 

8.Tetris Effect

【デベロッパー】Monstars Inc. 【ゲームジャンル】パズル

【発売日】2018年11月9日 【海外ゲームサイトによる評価】89点

「Tetris Effect」は、日本のアプリ・ゲーム開発会社Monstars Inc.によって開発されたテトリス最新作です。ゲームのルールとしては過去のテトリス作品と同じですが、VR技術を組み合わせることにより、新たなゲーム体験を創り上げました。

テトリスの普遍的な面白さと同時に、軽快なビートを刻む音楽と、VR機能が可能にした立体的な映像効果により、まるで違うゲームをプレイしているのでは、と錯覚するほど新鮮な楽しさを提供してくれるゲームに仕上がりました。また、新システム「Zone」を利用することで、最大22列までのブロックを一度に消すことができるようになりました。一度に多くのブロックを消したときの爽快感はたまりません。海外ゲームサイトによる評価では、VR機能を活かした映像効果と、新しく追加されたシステムが高く評価され89点を獲得しました。

 

9.Injustice 2: Legendary Edition

【デベロッパー】NetherRealm Studios 【ゲームジャンル】格闘ゲーム

【発売日】2018年3月27日 【海外ゲームサイトによる評価】88点

「Injustice 2: Legendary Edition」は、アメリカの大手コミック会社DCコミックスの作品に登場するヒーローたちを主役にした格闘ゲームで、アメリカのNetherRealm Studiosによって開発されました。2013年に発売された、海外で知らない人はいない人気格闘ゲーム「Injustice」の続編です。

本作では「Gear System」が追加され、キャラクターの衣装やパーツを変更することで能力とステータスを変更することができるようになりました。また、ストーリーが非常に魅力的に作りこまれており、プレイヤーをDCヒーローズの世界に引き込むこと間違いありません。海外ゲームサイトによる評価では、魅力的なストーリーと、独特な対戦システムが高く評価され88点を獲得しました。

 

10.Owlboy

【デベロッパー】D-Pad Studio 【ゲームジャンル】アクションアドベンチャー

【発売日】2018年4月10日 【海外ゲームサイトによる評価】88点

「Owlboy」は、ノルウェーのインディーゲームスタジオ「D-Pad Studio」が開発したアクションアドベンチャーゲームです。開発開始は2007年といわれており、発売までに約10年かかったといわれる作品です。その分、完成度はすばらしく、ゲーム業界最高峰の作品のみが選ばれる「Golden Joystick Awards 2018」の「Best Indie Game」部門へのノミネートをはじめ、「SXSW Gaming Awards」の「Gamer’s Voice Single Player」部門の受賞など、数々の賞を獲得した作品としても知られています。

作品内のグラフィックは、全編にわたり緻密なドット絵で表現されており、グラフィックの進化が進む中、ドット絵の可能性を示した作品ともいえるでしょう。海外ゲームサイトによる評価では、夢にあふれたストーリー性と、ドット絵による優れたグラフィック、また冒険を盛り上げるすばらしいサウンド効果が高く評価され、インディーゲームではトップとなる88点を獲得しました。

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。日本ではあまり知られていなくとも、世界では非常に高い評価を受けているゲームがたくさんあることを知っていただけたかと思います。世界でのゲーム人気は、今後もしばらくは続くだろうと考えられています。今後も、最新のゲーム事情について積極的に配信していく予定です。

 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

ジェレミーラウ
ジェレミーラウ
株式会社カーツメディアワークス PR事業部ディレクター

カナダ・アルバータ大学・経済学部卒業後、香港のテレビ局に入社。
テレビコンテンツ制作のノウハウを学び、カーツメディアワークスへ海外PR/デジタルマーケティング担当ディレクターとして合流。