【B2C向け】台湾人に人気の検索語句は?<br>「必ず」対策すべきキーワード

 
こんにちは。インフォキュービック・ジャパンのチャンチュンハンです。
2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催され、日本にとって重要な一年になると考えられます。
筆者は台湾出身という事で、今回は「台湾人が好む表現や検索の仕方」をご紹介します。
 

台湾からの訪日観光客の傾向

訪日数

台湾からの訪日観光客数の推移を見ると、毎年伸びているものの、総人口が少ない為2017年より増加率は落ち着きを見せています。
しかし、年間の訪日人数を見ると毎年の訪日台湾人は400万人を超え、インバウンドビジネスにとっては、まだまだ重要な市場だと考えられます。
台湾からビジネス目的で訪日する人だけでも12万人を超えていますが、旅行目的で日本を訪れる人は400万人以上となっています。
つまり、旅行目的として日本に来る人がほとんどだと言えます。
JNTO日本の観光統計データ

出典:JNTO日本の観光統計データ

 

消費傾向

2017年の訪日台湾人旅行者1人当たりの旅行支出額は約12万円。支出の内訳を見ると以下の通りです。
JNTO日本の観光統計データ

出典:JNTO日本の観光統計データ

買い物37.9%
宿泊料金26.0%
飲食費20.4%
交通費11.7%
娯楽費4%
 
台湾国内での日本製品の値段は高く、かつ旅行中に購入すると免税サービスを受けられることから日本に来てショッピングをする人がとても多く、買物代の割合が高くなっていると予想できます。
 

訪日前の情報収集方法

訪日前のユーザーはGoogleやYahoo!台湾などサーチエンジンで旅行に関する様々な情報を収集しています。
インバウンドビジネスを行う企業にとって、この情報はとても貴重な情報です。日本に関して、どのようなワードが検索されているかがわかれば、同業他社者よりも一歩リード出来るでしょう。
 

日本旅行において良く検索されるワードとは?

台湾人が良く使う検索語句:「○○必買」(=○○ 必ず買う)

「必買」は日本語と同じ意味で「必ず買う」という意味です。

前回の記事でご紹介したGoogleキーワードプランナーで調査したところ、「○○必買」関連の月間平均検索ボリュームは約42万回もあることが分かりました。

例えば:
日本必買 「日本 必ず買う」 60,500回
沖繩必買 「沖縄 必ず買う」 27,100回
北海道必買 「北海道 必ず買う」 14,800回
大阪必買 「大阪 必ず買う」 9,900回
東京必買 「東京 必ず買う」 8,100回
日本必買2019 「日本 必ず買う 2019」 5,400回

「エリア名+必ず買う」というワードの検索語句が人気です。
 

各WEBサイトにおける事例

下記の検索結果を見ると、「必買」というワードはいろいろな記事に含まれているため、eコマースを行う企業にとって必ず狙うべきキーワードといえます。
SEMでも、SEOでも、「必買」関連のキーワードで対策することをお勧めします。

以下は、GoogleおよびYahoo!台湾にて「東京必買」で検索した時の検索結果画面です。
各WEBサイト内に「必買」というキーワードが多く含まれていることが分かります。
 
google
goole必買

参考:Google

 

必買3yahoo
yahoo必買

参考:Yahoo!台湾

 

そのほか「必」を含む単語は人気!

「必」という単語は、聞く、食べる、行く、見るなどの動詞にも組み合わせることができます。※「必聽」、「必看」、「必吃」、「必去」など。
繁体字WEBサイトを持っている皆さまは、是非ご参考にしてみてください。
 

まとめ

いかがでしたでしょうか。台湾人向けに「必ず」対策すべきキーワードは「必」です!
今回は買い物におけるワードを中心に紹介しましたが、次回はその他のカテゴリーにおける人気ワードを紹介します。
以前ご紹介した、Googleキーワードプランナーの記事も合わせて参考にしてみて下さい!
 

グローバルマーケティング研究所のサービスに関する問い合わせはこちら

 

投稿者プロフィール

チャン チュンハン
チャン チュンハン
1982年台湾生まれ。大学で環境工学を専攻。台湾の日系企業でエンジンニアとして働きながら、日本語を習得。2014年に日本に移住し、その後インフォキュービック・ジャパン入社。中国語、英語、日本語を駆使しトライリンガルデジタルマーケターとして奮闘中。趣味は映画鑑賞とバスケットボール観戦。